社会インフラ・防災設備

海洋土木

常陸那珂次期処分場ケーソン

当社は、これまで数多くの海洋土木プロジェクトに参加し、大型浮体構造物を始め、港湾設備や漁港/漁場整備に関する数多くの製品を提供しつつ、最先端の技術ノウハウの蓄積と未来志向の技術開発に取り組んできました。海上・海中空間の利用領域や多様性の広がりは今後も期待されており、その可能性は無限にあります。これからも、“不可能を可能にする海洋空間ソリューションの創出”に努めます。

主なサービス・製品

沈埋函

堺工場2号ドック出渠状況

沢埋工法による海底トンネルの本体となる鋼とコンクリートの大型ハイブリット構造物です。当社の堺工場の2号、3号ドックを活用することで、鋼殻ブロック製作~大組立~コンクリート打設出渠までの対応が可能です。函長(100m)であれば、3函同時製作の実績があります。また、2号ドックを使用することにより、170m程度までの鋼殻製作が可能です。これまでに、大阪港咲洲トンネル、神戸港島トンネル、大阪港夢咲トンネル、那覇港臨港道路、新若戸道路沈埋トンネル、東京港臨港道路南北線など、40函以上の実績があります。

近年の主な実績

  • 新若戸トンネル部(7号函)製作工事(2009年)
  • 新若戸トンネル部(6号函)製作工事(2010年)
  • 東京港臨港道路南北線(1,2,3,4,5,7号函)(2017年)

ハイブリッドケーソン

新本牧ふ頭建設工事ケーソン

鋼とコンクリートの合成構造のハイブリッドケーソンは、港湾・漁港の護岸・岸壁設備に数多く採用されています。基本的な防波堤機能に加え、消波効果を有するスリット型ケーソンの建造はもとより、近年、地球環境に配慮した新型ケーソン(波のエネルギーを利用して海水交換を促進し、沿岸環境を修復・保全)の開発にも取り組んでいます。

近年の施工実績

  • 三崎特定漁港整備事業(2007年)
  • 二町谷西波除堤工事(その2、2008年)
  • 晴海四丁目防潮護岸ケーソン製作工事(2011年)
  • 徳山下松港新南陽地区土砂処分場外周護岸築造工事(2012年)
  • 浮島2期廃棄物埋立C護岸ケーソン製作工事(2012年)
  • 常陸那珂次期処分場ケーソン製作工事(2015年)
  • 和歌山港下津地区北港地区防波堤製作工事(2019年)
  • 新本牧ふ頭建設工事ケーソン鋼殻製作工(2020年)

浮体構造物

広島県宮島口浮桟橋

浮桟橋は、港湾や漁港で利用される潮の干満に対応可能な浮体式の桟橋です。当社は、昭和初期の鋼製の浮桟橋の実績を初めとして、これまでに60基以上の実績があります。
近年では、鋼とコンクリートのハイブリッド構造の浮桟橋も製作・設置の実績もあります。浮桟橋だけでなく、港内や生けす場の静穏を確保するために設置される浮消波堤や浮防波堤などの浮体構造物についても、多くの実績があり、さまざまな浮体構造物の設計・製作・施工に対応することが可能です。

近年の主な実績

  • 答志漁港広域漁港整備事業の浮き桟橋の製作・設置(2006年)
  • 沖縄県徳仁港浮桟橋の製作・設置(2007年)
  • 広島県鹿川港(大原地区)の浮桟橋の製作・設置(2007年)
  • 広島県宮島口浮桟橋の製作・設置(2015年)

鋼製ジャケット

塩釜漁港ジャケット

海上コンテナターミナルの桟橋・護岸として数多く採用されている「ジャケット工法」は、鋼管トラス構造のジャケット上部工を陸上(工場)で製作し、施工場所まで運搬して基礎杭と一体化させる工法です。耐震性に優れ、軟弱地盤や大水深域での施工が可能なことから、耐震強化コンテナ岸壁築造工法の最有力として注目されています。大阪港北港南地区岸壁(-16m)桟橋において本工法が採用され、堺工場にて2基のジャケット製作を行いました。

近年の主な実績

  • 夢洲(西側)No.6・7ジャケット製作(2008年)
  • 福山港(箕沖地区21-4)ジャケット製作・設置(2010年)
  • 塩釜漁港魚市場桟橋(上部工外)災害復旧工事(その1)ジャケット製作・設置(2014年)
  • 塩釜漁港魚市場桟橋(上部工外)災害復旧工事(その2)ジャケット製作・設置(2017年)
  • 市川漁港外郭施設工事ジャケット製作・設置(2017年)

鋼板セル

横浜南本牧地区埋立地耐震
護岸地区に設置された鋼板セル

埋立護岸の建設方法の一つである「根入れ式鋼板セル工法」とは、現場で製作したセルと呼ばれる鋼製の円筒を、海底地盤に順次打ち込み、筒の中に土砂を充填して護岸を構築するものです。耐震性、止水性に優れ、大水深での護岸建設や急速施工にも適した工法として注目されています。鋼板セルは、現地のヤードに鋼材を搬入し、溶接によりパネル製作と大組立を行います。当社はこれまで、100基以上の製作実績があります。

近年の施工実績

  • 大阪沖埋立処分場護岸築造工事(φ18.5m×H:16m×26基)
  • 関西国際空港2期空港島護岸築造工事(その12)(φ22m×H:24m×8基)
  • 横浜南本牧地区埋立地耐震護岸地区(φ24.5m×H:32m×6基)
  • 常陸那珂港区埋立護岸築造工事の鋼板セル製作(φ21m×H:21~26m×72基)

鋼製魚礁

鋼製魚礁(HZ-600NB型)

魚を集め増殖するために、漁場の海底に設置される鉄骨を組み合せた構造物です。当社は、昭和50年の実績を初めとして、これまでの330基以上の実績があります。当社の鋼製魚礁は、網がかりに配慮した凸型形状をしています。
また、工期の短縮と品質向上のために、ブロック組立工法を採用しています。HZ-300NB、400NB、500NB、1200NBの5種類のラインナップがあります。

近年の主な実績

  • 京都府宮津市黒崎沖並型魚礁設置工事(2008年)
  • 大型魚礁設置事業平潟大津地区工事(2008年)

関連技術

事業に関する各種お問い合わせはこちら

お問い合わせ