日立造船グリーンボンド

当社は、2018年9月21日、国内製造業で初めてとなるグリーンボンド「日立造船グリーンボンド」を発行しました。これにより調達した資金は、国内のごみ焼却発電施設の建設、建替え整備などにかかる資材購入などの費用に充当しています。

当社は、環境分野を生業とする企業として、環境保全に配慮した施設の導入をさらに推進することで、循環型社会の実現に貢献していきます。このような事業方針と、資金調達手段の多様化というニーズが合致し、この度グリーンボンドの発行に至りました。発行には用途を指定する必要があり、検討を重ねた結果、2件のグリーンプロジェクトである京都市向け「京都市南部クリーンセンター第二工場建替え整備工事」、菊池環境保全組合向け「新環境工場(ごみ処理施設)整備及び運営事業」(熊本県)を選定しました。調達した資金は、同プロジェクトにかかる資材購入などの費用に充当しています。
グリーンボンドの適用を受けるには、グリーンプロジェクトによる環境効果を“具体的に”開示する必要があります。どのような工程でプロジェクトが進行し、どのくらいCO2削減効果が期待できるかなど、指定された項目に沿って明示しました。進行中のプロジェクトということもあり、容易ではありませんでしたが、各プロジェクトの担当者と連携して対応しました。その結果として、国内製造業では初となるグリーンボンド「日立造船グリーンボンド」を発行することができました。ここに現在の状況を報告いたします。

日立造船グリーンボンドの概要

発行体 日立造船株式会社
名称 日立造船株式会社第26回無担保社債
(日立造船グリーンボンド)
発行日 2018年9月21日
条件決定日 2018年9月14日
発行年限 3年
発行額 50億円
利率 年0.24%
資金使途 当社が受注したごみ焼却発電施設にかかる資材購入などの費用としての運転資金に充当
グリーンプロジェクト (1)京都市南部クリーンセンター第二工場(仮称)
(2)菊池環境保全組合新環境工場
社債格付 BBB+(JCR)
主幹事 三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社
野村證券株式会社
グリーンボンド・ストラクチャリング・エージェント(注1) 三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社
(注1)グリーンボンド・ストラクチャリング・エージェント
グリーンボンドのフレームワークの策定およびセカンドオピニオン取得に関する助言等を通じて、グリーンボンドの発行支援を行う者。

グリーンプロジェクトの概要と状況

(1)京都市南部クリーンセンター第二工場 建替え整備工事※

京都市南部クリーンセンター 第二工場

高効率なごみ発電を行うとともに、生ごみをバイオガス化する施設が併設されていることが特徴です。
ごみから最大限のエネルギーを回収し、従来型のごみ焼却発電以上のCO2排出量の削減を目指します。

発注者 京都市
工事名称 京都市南部クリーンセンター第二工場 建替え整備工事※
対象業務 ごみ処理施設・管理事務所・環境学習施設の設計および施工
(既存施設の解体、外構その他関連する付帯施設整備等を含む)
施設概要
焼却施設
  • 処理量:500t/日(ストーカ炉 250t/日×2炉)
  • 発電能力:14,000kW
  • 選別資源化設備:180t/6時間
バイオガス施設
  • 処理量:60t/日(30t/日×2系列)
  • 発電能力:1,000kW
竣工 2019年9月末
現状 9月末に竣工し、稼働中です。
  • 工事名称は受注時の名称を記載しています。

(2)菊池環境保全組合新環境工場

菊池環境保全組合新環境工場

同組合管内地域の将来動向および持続的なごみ処理を見据え、恒久的に安定したごみ処理を推進していくため、同組合がごみ焼却発電プラントの新設を計画。当社が代表企業として2018年に受注しました。

発注者 菊池環境保全組合
工事名称 新環境工場(ごみ処理施設)整備及び運営事業※
対象業務 ごみ処理施設の設計・施工および建設後の20年間の運営
施設概要
  • 処理量:170t/日(85t/日×2炉)
  • 発電出力:2,800kW
竣工 2021年3月末
現状 3月末に竣工し、稼働中です。
  • 工事名称は受注時の名称を記載しています。

資金の充当状況

2020年3月31日現在における資金の充当状況は下表の通りです。

資金の充当状況(2020年3月31日現在)
(百万円)
期首残高 5,000
京都市南部クリーンセンター 第二工場 △4,366
菊池環境保全組合新環境工場 △634
期末残高 0

外部機関の評価

当社は本グリーンボンドの適格性と透明性の確保および投資家の皆様への訴求力向上のため、第三者評価として、リスクマネジメントに関する先駆的国際機関であるDNV GL ビジネス・アシュアランス・ジャパン株式会社から債券発行前にグリーンボンド適格性についてセカンドパーティオピニオンを取得しています。また、2020年7月にグリーンボンド定期レビューを受け、適格性を維持していることを確認しています。

インパクト・レポーティング

当社は、工事完了後から、対応するグリーンボンドが残存する限り、グリーンボンドで調達された資金が充当された各ごみ焼却発電施設について、以下の指標について年1回公表します。

  1. 1年間発電出力実績(MWh/年)
  2. 2年間温室効果ガス排出削減量(tCO2/年)

2018年9月発行の日立造船グリーンボンドの発行代わり金が充当されている適格グリーンプロジェクトによる環境改善効果は以下のとおりです。

京都市南部クリーンセンター第二工場における発電出力実績及び年間温室効果ガス排出削減量(CO2削減量)
施設名称 発電出力実績※1※3 MWh/年 年間温室効果ガス排出削減量(CO2削減量)※2※3 t-CO2
焼却施設 50,795 16,966
バイオガス施設 4,266 1,425
合計 55,061 18,390
  1. ※1発電量(MWh):2019年7月(発電開始後)~2020年3月(約9ヶ月間)の運転実績
  2. ※2CO2削減量(t-CO2):発電量(MWh)× CO2排出係数(t-CO2/MWh)
    なお、二酸化炭素排出削減効果の算出においては、環境省のCO2排出係数に温対法に基づく再生可能
    エネルギーの固定買取制度に伴う環境価値等の調整を反映した関西電力の排出係数(0.334t-CO2/MWh,2018年)を用いています。
  3. ※3稼働後1年未満のため、2019年7月(発電開始後)~2020年3月(約9ヶ月間)の運転実績に基づく
    発電出力及び環境改善効果(CO2削減量)を算出しています。
  • 菊池環境保全組合新環境工場による環境改善効果(CO2削減量)は、竣工・稼働後にお知らせします。