ページ内を移動するためのリンクです。


多言語サイト

2021年01月12日

下水汚泥の焼却事業に新規参入~第1弾として、東京都下水道局と高温燃焼で温室効果ガスの削減を検証する実証試験を実施~

 

 日立造船株式会社は、このほど、下水汚泥の焼却事業に新規参入します。第1弾として、東京都下水道局と共同で、2019年度より取り組んでいる「第二世代型焼却炉適合に向けた共同研究(ストーカ炉の下水汚泥燃焼適合技術)」において、2020年9月から実証試験を実施し、2021年度の技術認証を目指します。

下水汚泥の焼却事業に新規参入.jpg


試験設備(外観)

 下水汚泥の焼却は、850℃以下の低温燃焼した場合に一酸化二窒素(N2O)が発生しますが、地球温暖化係数が二酸化炭素(CO2)と比較して298倍と高いため、N2Oの低減が求められているほか、安定した汚泥燃焼によるCO2削減も求められています。
 当社は、得意とするごみ焼却のストーカ炉技術を下水汚泥焼却炉に導入することで、高温で安定した燃焼により世界的な課題となっている温室効果ガスの削減を目指し、本事業に参入することを決定しました。

【第二世代型焼却炉適合に向けた共同研究について】
当社は、ストーカ炉により下水汚泥を850℃以上で高温燃焼する技術を実用化することで、温室効果ガスであるN2Oの削減および省エネ・創エネモデルの実現を目指しており、2019年度より東京都下水道局との共同研究「第二世代型焼却炉適合に向けた共同研究(ストーカ炉の下水汚泥燃焼適合技術)」を実施しています。
共同研究では、東京都区部および流域の汚泥を使用した燃焼試験を行うことで、燃焼温度は850℃以上、従来の焼却炉よりN2Oは50%以上、CO2は20%以上の削減を図り、安定した燃焼運転が可能であることを検証します。当社は、清掃工場で多くの技術と実績を培ったストーカ式焼却炉により、下水汚泥の安定した処理の実現を目指します。

なお、本件の概要は以下のとおりです。

実施場所 下水道技術研究開発センター(東京都下水道局 砂町水再生センター内)
実施規模 10t-脱水汚泥/日
実証期間 2020年9月~2021年3月(予定)

 

【当社のごみ焼却発電、下水処理事業について】
当社は、国内外で約1,000件のごみ処理施設の建設を手掛けており、トップクラスのシェアを有しています。また下水処理事業においても1970年代より事業を展開しています。

 

(終)

新着情報