ページ内を移動するためのリンクです。


多言語サイト

2019年04月26日

74.8MW木質バイオマス発電所の建設工事・運営・保守を受注

日立造船株式会社は、大成建設株式会社(東京都新宿区、村田誉之社長)との共同企業体にて、徳島津田バイオマス発電所合同会社※1(徳島県徳島市)より、木質バイオマス発電所の建設工事を受注しました。当社は主に発電設備の供給・据付・試運転を実施します。木質ペレットを主燃料とし、再熱方式※2を採用する高効率な本設備は、循環流動層(CFB)ボイラ(アンドリッツ社製)および再熱再生式蒸気タービンから構成され、74.8MWの発電能力を有します。

また、当社グループ会社のHitz環境サービスとの共同企業体にて、本設備の20年間の運営・保守もあわせて受注しました。発電設備の建設から運営・保守まで一貫したサービスを提供し、安定かつ高効率な発電を実現します。

(※1)徳島津田バイオマス発電所合同会社は、株式会社レノバ(36.10%)、大阪ガス株式会社(33.50%)、NECキャピタルソリューション株式会社(12.35%)、三菱電機クレジット株式会社(12.35%)、株式会社ゲンボク(1.90%)、大利木材株式会社(1.90%)、徳島電機産業株式会社(1.90%)が出資する特別目的会社です。(かっこ内は出資比率)

(※2)再熱方式は、蒸気タービンで膨張した蒸気をボイラで再加熱した後に、再び蒸気タービンに戻すことで高効率な発電ができる技術です。



<発電所概要>

     
1. 発電所名 徳島津田バイオマス発電所
     
2. 事業主体 徳島津田バイオマス発電所合同会社
     
3. 所在地 徳島県徳島市中昭和町1丁目3番地
     
4. 建設予定地 徳島県徳島市津田海岸町
     
5. 発電端出力 74.8MW
     
6. ボイラ形式 循環流動層(CFB)ボイラ
     
7. 発電方式 空冷式再熱再生サイクル
     
8. 運転開始予定 2023年3月
     

■今後の展望
当社グループは近年バイオマス発電事業に注力しています。事業者としても2015年に「宮の郷木質バイオマス発電所(茨城県常陸太田市)」、2017年に「秋田バイオガス発電所(秋田県秋田市)」を稼働開始しました。今後も、「循環型社会の実現に向けたソリューションプロバイダー」を目指すにあたり、バイオマス発電などの再生可能エネルギーの普及に努め、低炭素社会の実現を通してSDGs(持続可能な開発目標)達成に貢献していきます。

当社コーポレートサイト「SDGsへの取り組み」
http://www.hitachizosen.co.jp/csr/sdgs.html

SDGs.jpg



本事業については2019年2月25日付のレノバ社の下記ニュースリリースをご参照ください。
レノバ社コーポレートサイト
「当社の大型バイオマス発電事業に関する最終投資決定のお知らせ」
http://www.renovainc.jp/cms/renova/news/2019/20190225_01_PRESS_ID98nx7u.pdf

 

新着情報