ページ内を移動するためのリンクです。


多言語サイト

2019年03月25日

「平成30年度 新・ダイバーシティ経営企業100選」に選定 -多様な職員の活躍を目指す柔軟な働き方への取り組みが評価-

当社は、経済産業省が選定する「平成30年度 新・ダイバーシティ経営企業100選」に選ばれました。
 

2820_1.jpg 2820_2.JPG
 

谷所社長(右から2番目)、
池田ダイバーシティ推進室長(左から2番目)
および推進担当者

■受賞理由について
当社グループは、グローバルで持続的成長を図るための経営戦略の一つとして、ダイバーシティ・マネジメントを推進しています。職員の多様な価値観を尊重し、主体的に企業活動を行うことでグループ総合力の強化と新たな価値の創造を目指しています。そのなかで「ダイバーシティ・マネジメントの目指すべき姿」を掲げ、「組織・風土」「働き方」「性別」「国籍」「年齢」「育児」「介護」「障がい」の8カテゴリーに分けて積極的に取り組んできました。多様な職員が活躍できる職場づくりを進めてきたことが評価され、このたびの受賞となりました。

■ダイバーシティ・マネジメントと働き方改革の推進
当社は2018年度を「働き方改革元年」と位置付け、在宅勤務制度やサテライトオフィス、全社集中タイムなどの取り組み、風土改革の一環として、服装を原則自由化する「SMART & EASY STYLE」などを導入しました。女性活躍推進や子育て支援活動が認められ、「えるぼし認定企業(2段階目)」「くるみん認定企業」にも選ばれています。
これからも多様な職員が能力を発揮できる快適な職場環境づくりに努め、生産性を高め、ダイバーシティ・マネジメントならびに働き方改革を推進していきます。職員一人ひとりが、属性にとらわれず様々な価値観を尊重しあって働くことでイノベーションを生み出し、SDGs(持続可能な目標)の達成に寄与していきます。

■「新・ダイバーシティ経営企業100選」について
経済産業省は、ダイバーシティ推進を経営成果に結びつけている企業の先進的な取り組みを広く紹介し、取り組む企業のすそ野拡大を目指し、「新・ダイバーシティ経営企業100選」として、経済産業大臣表彰を実施しています。平成29年度からは、「ダイバーシティ2.0行動ガイドライン」をもとに、より中長期的に企業価値を生み出し続ける取り組みとしてステップアップするため、「ダイバーシティ2.0」に取り組む企業を「100選プライム」として選定しています。

(ご参考)
2016年3月9日「ダイバーシティ・マネジメントを本格的に開始」
http://www.hitachizosen.co.jp/release/2016/03/002067.html

当社コーポレートサイト「SDGsへの取り組み」
http://www.hitachizosen.co.jp/csr/sdgs.html

2820_3.png

 

新着情報