ページ内を移動するためのリンクです。


多言語サイト

2019年03月08日

スカンディナビア地域初のコンポガス®プロジェクト完工

プラント全景

日立造船株式会社の子会社Hitachi Zosen Inova AG(スイス、CEO:ブルーノ・フレデリック・ボドゥアン、以下、HZI)は、スウェーデンのウップランズ・ブロー市内に2017年8月より建設していたコンポガス®技術を用いたバイオガスプラントを完工しました。

■本件の詳細
本件は、スカンディナビア地域における初めてのコンポガスプロジェクトで、温室効果ガス削減を目的にスウェーデンが2015年に掲げた「世界初の化石燃料使用ゼロ国になる」との目標達成に寄与するものです。

■プラントの概要
1.注文主  :E.ON Biofor Sverige AB
2.施設規模 :有機性廃棄物83,000トン/年 発酵槽3基
3. ガス生成量 :バイオガス 12,380,000 N㎥/年
4.残渣処理 :堆肥化(固形堆肥、液肥)
5.建設地  :スウェーデン王国 ストックホルム県 ウップランズ・ブロー市
6.引渡し  :2019年3月
 

■HZIのコンポガス®について
乾式メタン発酵の代表的な手法の1つ。生ごみなどの有機性廃棄物を嫌気性状態で約55℃の温度に保ち、微生物の働きによりバイオガスを発生させます。処理済み残渣は農業・園芸用の堆肥や肥料として利用されます。HZIのコンポガス®は世界30カ国以上の国々で商標登録されています。

本件に係る過去のリリース:2017年3月1日「スウェーデン向けコンポガスプラント建設工事を受注

新着情報