ページ内を移動するためのリンクです。


多言語サイト

2019年02月20日

英国スコットランド アバディーン市向けにバイオガス精製装置を受注

日立造船グループのHitachi Zosen Inova BioMethan GmbH(ドイツ、CEO:Dr. Karsten Wünsche、以下、HZIBM)は、英国スコットランド北東部 アバディーン市内に新設されるバイオガスプラント向けに、バイオガス精製装置1基を受注しました。

 

今回建設される湿式バイオガスプラントはアバディーン市の新エネルギーセンターに併設されます。HZIBMが設計・製造するバイオガス精製装置の搬入・設置工事は2019年6月に開始し、2020年1月に稼働する予定です。
プラント稼動後は、地域のエネルギー作物や食品残渣などが処理され、その過程で生成されたバイオガスをHZIBMの装置でバイオメタンに精製し、地元のガスグリッドに供給します。

 

■本件の概要
1.精製方式:メンブレン方式
2.生産能力:1,200Nm3/h
3.納入場所:英国スコットランド アバディーン市(新エネルギーセンター内バイオガスプラント)
4.納  期:2020年1月

 

■Hitachi Zosen Inova BioMethan GmbHについて
HZIBMは、日立造船グループでごみ焼却発電プラント(以下、EfWプラント)の設計、建設、保守など、欧州のEfW事業においてトップクラスのシェアを有するHitachi Zosen Inovaの子会社として2015年に発足したドイツのバイオガス精製装置メーカーです。

新着情報