ページ内を移動するためのリンクです。


多言語サイト

2015年05月20日

エコマリン 電解型バラスト水処理装置のIMO G9最終承認取得

 住友電気工業株式会社(大阪市中央区、社長:松本 正義、以下、住友電工)と日立造船株式会社(大阪市住之江区、社長兼COO:谷所 敬、以下、日立造船)は、電解型バラスト水処理装置「ECOMARINE®-EC」を共同開発してきましたが、このほど、IMO(International Maritime Organization、国際海事機関)が「活性物質を利用するバラスト水管理システム承認のための手順(G9)」で定める最終承認(FA)を取得しました。

 両社は、2012年12月に「エコマリン技術研究組合(大阪市此花区、理事長:田中 茂、住友電工専務取締役)を設立し、住友電工のフィルター技術と日立造船が有する電解技術ならびに舶用関連事業における知見を最大限に融合させ、環境への負荷が少ない低消費電力で高性能な電解型バラスト水処理装置「ECOMARINE®-EC」(定格処理量500m3/h)を開発してきました。

 当技術研究組合では、本装置の実船での船上試験を昨年5月から行っており、順調かつ良好な結果を得ています。今回のIMOの最終承認取得を受け、今秋には国土交通省の型式指定の取得を目指しています。

 また、当エコマリン技術研究組合は、今年度内を目標に事業形態を合弁会社に移行させ、本装置および住友電工が開発した紫外線型バラスト水処理装置「ECOMARINE®-UV」の販売を開始する予定であり、2015年5月21日から23日まで開催される国内最大級の国際海事展「バリシップ2015」に出展いたします。

本装置の特長

1. 高性能な電極により、低塩分濃度(1PSU)でも低消費電力で高い殺滅性能を発揮します

2. 高い濾過性能を有する住友電工のRCフィルター装置により、海水中のLサイズ(>50μm)生物は完全に除去され、
   Sサイズ(≦50μm、>10μm)生物もある程度取り除くことができます

3. RCフィルター装置で漉し取れなかった生物はサイズが小さいので低濃度の次亜塩素酸でも殺滅できるため、中和剤の
    投入量を抑え ることができます

*1)RCフィルター:Rotation Cleaningフィルター。ろ布に不織布を用いた交換式カートリッジを
       採用することで、高いろ過性能の維持を可能としています

本装置の処理イメージ図


 

marin.jpg

(終)

 

* ECOMARINE® は、住友電気工業株式会社の登録商標です。

【本件お問い合わせ先】

住友電気工業株式会社  広報部広報グループ                                  TEL:06-6220-4119

日立造船株式会社     総務・人事部広報グループ                            TEL:06-6569-0013

                                     総務・人事部東京総務グループ(広報)             TEL:03-6404-0802

新着情報