ページ内を移動するためのリンクです。


多言語サイト

2010年05月18日

舶用甲板機器製造事業の中国合弁会社設立について

 Hitz(日立造船株式会社)および当社子会社で舶用甲板機器・海洋構造物各種機器の設計、製造、販売を行っている日本プスネス株式会社(東京都中央区、大塚 正社長:以下 NP社)は、このほど、中国の舟山欣欣化繊有限公司(以下 欣欣化繊社)と舶用甲板機器製造・販売会社である中国現地合弁会社を設立、出資することで合意し契約を締結しました。なお、本契約は、審査機関の認可を受けた後に正式に発効します。

 中国は、今後も造船事業の拡張が続くものと予想されますが、当社は、昨年3月の舶用ディーゼルエンジン製造の合弁会社発足に続いて、本契約の発効によって、舶用機器関連事業における中国市場への進出を加速化していく所存です。

 なお、合弁会社の概要は以下のとおりです。

会 社 名

【日本名】舟山プスネス船舶機械有限会社
【中国名】舟山普斯耐馳船舶机械有限公司

資 本 金

,000万元(約8億2千万円)

出資比率

欣欣化繊社 51%(3,060万元=約4億1800万円)
当   社 44%(2,640万元=約3億6100万円)
N P 社  5%(300万元=約4100万円)

場   所

中華人民共和国浙江省舟山市岱山県

生産開始

2010年7月頃

新着情報