ページ内を移動するためのリンクです。


多言語サイト

2010年04月07日

秦野市伊勢原市向けクリーンセンター建設工事を受注

 Hitz(日立造船株式会社)は、このほど、秦野市伊勢原市環境衛生組合(古谷 義幸組合長)よりクリーンセンター建設工事(ストーカ式焼却炉:100t/日×2炉=200t/日)を受注し、同組合議会において承認されました。

 本焼却施設は、熱回収率を上げるための設備として4MPa×400℃の蒸気条件によるボイラなど、焼却に伴い発生する熱を積極的に回収し、高効率な廃棄物発電を行うエネルギープラントとしての役割をもち、同組合として初の高効率熱回収焼却施設で、本施設の発電により大幅なCO2削減効果が期待されております。
 本件の受注にあたっては、総合評価落札方式で行われた技術評価で、施設の安全性・安心性・安定性を評価する項目や資源循環型社会形成への貢献を評価する項目など、当社の提案・実績・技術力が総合的に高く評価されたものです。
 本件は、秦野市及び伊勢原市で発生する可燃ごみを安全、安定処理を図ることを目的に、老朽化が進む伊勢原清掃工場(昭和51年完成)の更新施設として、両市が新たな焼却施設の建設を計画したものです。

 当社は、昭和40年に日本初の発電設備付都市ごみ焼却施設を大阪市に納入して以来、国内外で約200ヵ所、粗大ごみ処理施設およびリサイクル施設では国内で約100ヵ所というトップクラスの納入実績を誇っています。また、当社は、環境ソリューション事業においても、PFI事業1ヵ所を含んだ15ヵ所での運営事業(国内トップの実績)や約90ヵ所での運転委託事業等AOM(アフターサービス、オペレーション、メンテナンス)事業をグループ全体で積極的に展開しています。当社は、今後とも、トップクラスの実績があるこれらの事業に加え、バイオエタノールやバイオディーゼル、バイオマス発電等のバイオマス利用技術および土壌浄化や大気汚染防止等の環境技術を活用し、地球温暖化防止の視点で事業展開していく所存です。

 なお、本件の概要は以下のとおりです。

秦野市伊勢原市環境衛生組合

クリーンセンター建設工事(熱回収施設)

施設規模

ストーカ式焼却炉:200t(100t×2炉)

建設場所

神奈川県秦野市曽屋4624番地内

納  期

平成24年9月末

受注金額

89億9,000万円(税抜)

新着情報