ページ内を移動するためのリンクです。


多言語サイト

2010年04月13日

八戸市向けスラリーアイス製氷・搬送システムの受注について

 Hitz(日立造船株式会社)は、このほど、青森県八戸市(小林 眞市長)より、流動海水氷製造供給装置(スラリーアイス製氷・搬送システム)の設計・製造・設置工事を受注しました。

 本件は、食品安全衛生管理システムの代名詞となっている「HACCP(Hazard Analysis and Critical Control Point)」のなかでも最も厳しいと言われる厚生労働省の認定する「対EU輸出水産食品取扱施設」の要件に適合する施設として、八戸市が館鼻地区に整備する鮮魚荷捌き所の付帯設備である流動海水氷(スラリーアイス)の製氷・搬送ならびに冷海水の製造・供給システムの設置を計画したものであり、設計、製造および設置施工を当社が請け負ったものです。
 当社は、平成15年にカナダの製氷機メーカーであるサンウェル社(Sunwell Technologies Inc., 所在地:トロント)と業務提携し、次世代型製氷システム事業に進出して以来、今回の受注で国内の水産加工施設を中心に、厚生労働省の「対EU輸出水産食品取扱施設」に認定された2基を含め、HACCP適合型施設向けの6基等、国内向けで累計16基のスラリーアイス製氷・搬送システムの実績があり、今回の受注は、当社の豊富な実績と技術力が評価されたものです。

 近年、水産業界や流通業界においては、鮮度品質向上による差別化、ブランド化の流れが加速していますが、当社は、スラリーアイスシステム装置の拡販を通じ、水産物の付加価値向上や食の安全に積極的に貢献していく所存です。

 本設備の特徴は以下のとおりです。
 1.スラリーアイス製造と冷海水の製造機能を複合一体化したコンパクトでフレキシブルなシステムです。
 2.製氷、貯氷、搬送、払出、の各プロセスを機能分化して長距離無人搬送可能な微粒子流動氷を安心・
   安全・安定供給することが可能です。 
 3.独自の貯氷・海水再混合技術により塩分希釈用上水を必要とすることなく最適温度帯のスラリー
   アイスを製造供給可能です。

 なお、本件の概要は以下のとおりです。

青森県八戸市

館鼻地区荷捌き所A棟流動海水氷製造供給設備設置工事

スラリーアイス製氷・搬送システム

設置場所

青森県八戸市大字白銀町字三島下地内 荷捌き所A棟敷地内

製造能力

スラリーアイス製造  240トン/日

納  期

平成23年3月末

受注金額

397,000,000円(税抜)

新着情報