ページ内を移動するためのリンクです。


多言語サイト

2010年04月23日

大阪市環境局東淀工場の完工

 Hitz(日立造船株式会社)は、このほど、大阪市環境局向けに建設していました東淀工場(ストーカ式ごみ焼却炉:200t/日×2炉=400t/日)を完工しました。

本件は、当社建設の既設炉(昭和49年竣工、200t/日×3炉=600t/日)の老朽化に伴う建替え工事で、湿式排ガス処理を採用しながらも、低温エコノマイザや2段抽気タービンなどの導入により、発電効率20%を超える高効率ごみ発電を達成した国内の先進的な事例となっております。

 また、当社が納入した発電設備付都市ごみ焼却施設の中では、東淀工場(発電能力:10,000kW)を含めて全国で44ヵ所・発電能力約26万kWが稼動しており、発電や暖房および温水プールなどの余熱利用により、年間約120万tのCO2削減に貢献しています。

環境省は、温室効果ガスのさらなる排出抑制を目指しており、なかでも、循環型社会をリードする高効率ごみ発電の導入推進を重点施策に掲げています。今後とも当社は、高効率ごみ発電システム、小型ごみ発電システムなどのごみ発電技術と国内外200ヵ所を超える豊富な実績を背景に、地域社会に貢献する施設の建設に努めていく所存です。

 なお、本件の概要は以下のとおりです。

大阪市環境局

環境事業局東淀工場ごみ焼却設備工事

大阪市東淀川区南江口3丁目および摂津市大字別府

施設規模

ストーカ式ごみ焼却炉 400t/日(200t/×2炉)

発電能力

10,000kW

着  工

平成17年12月

完  工

平成22年3月

受注金額

¥5,984,300,000.- (税抜)

新着情報