ページ内を移動するためのリンクです。


多言語サイト

2010年03月18日

台湾地下鉄向けシールド掘進機2機を受注

 Hitz(日立造船株式会社)は、このほど、春原營造股份有限公司(台湾)・岩田地崎建設株式会社(札幌市中央区、岩田圭剛社長)JV(以下、春原・岩田地崎JV)が施工する台北地下鉄土城線延伸工事向けにφ6.24m泥土圧シールド掘進機2機を受注しました。

 本工事は、台北市と土城市の工業地区を結ぶ為に実施するものであり、今回受注した2機は、土城線永寧駅~頂埔駅区間をそれぞれ1,529mずつ掘削します。本機は、カッタービットの材質・形状・配置等を工夫することで礫層、砂岩層の土質をビットの交換を必要とせずに掘削することが可能となっております。

 当社は、昭和63年に台湾向け初号機を受注して以来、今回の受注で地下鉄向け30機、上下水道向け18機、電力向け15機、合計63機の受注実績となり、同国のシールド掘進機市場においては圧倒的なシェアを誇っています。今回の受注にあたっては、台湾国内の実績と国内外を含め累計約1,200機を納入している当社の豊富な実績と技術力が高く評価されたものです。

 当社は、平成20年に中国の北京華隧通掘進設備有限公司(北京市)とシールド掘進機事業で協業契約を結び、同年11月には当社堺工場内(大阪府堺市西区)にシールド掘進機を中心とした産業機械製造専用の新工場を完成させるなど、シールド掘進機事業を積極展開しています。当社は、米国や台湾、中国、韓国、シンガポール、トルコ等の海外向けにも約100機の納入実績をもっておりますが、今後とも高まる海外シールド掘進機市場に積極的に取組んでいく所存です。

 今回受注したシールド掘進機の概要は次のとおりです。

施  主

台北市政府捷運工程局

台北地下鉄土城線延伸工事

施  工

春原・岩田地崎JV

機  種

φ6.24m泥土圧シールド掘進機×2機

納  期

平成22年11月(2機とも)

製作工場

当社堺工場(大阪府堺市西区)

新着情報