ページ内を移動するためのリンクです。


多言語サイト

2004年11月11日

沖縄県・渡名喜村向け海水淡水化施設用ホウ素除去設備受注

 Hitz(日立造船株式会社)は、このほど沖縄県島尻郡渡名喜村(比嘉 健蔵 村長)から逆浸透(RO)海水淡水化施設用のホウ素除去設備一式を受注しました。

 本施設は、既に操業中の海水淡水化施設でつくられた水道水に微量に含まれるホウ素を、専用のRO膜で除去するための設備で、平成16年4月1日に施行された飲料水の新しい水質基準に対応するものです。また、当社は同目的設備の国内第一号機を沖縄県北大東村向けに納入しており、本件はそれに次ぐ2基目となります。

 なお、設備の概要は以下のとおりです。

工 事 名 称
渡名喜村海水淡水化ホウ素除去施設整備工事
工 事 場 所
沖縄県島尻郡渡名喜村渡名喜地内
施 設 能 力
1日平均給水量 300m3/日
受 注 金 額
¥246,750,000(税込)
納 期
平成17年2月末

 

 当社は主力の環境事業の中で水・汚泥処理事業の伸長に注力しています。上水事業である離島向け逆浸透(RO)海水淡水化施設では、これまでに北大東村、南大東村、渡名喜村など沖縄県中心に実績があり、良質の飲料水を提供しています。
 また、下水処理、浸出水処理、農業集落排水、し尿処理等の官公需向け排水処理分野においても着実に受注を伸ばしています。
 今後も技術・営業の両面から積極的に伸長を図り、水・汚泥処理システム事業の更なる受注拡大および事業伸長を図っていく所存です。

新着情報