ページ内を移動するためのリンクです。


多言語サイト

2004年06月25日

(仮称)佐野市新清掃センター(ごみ焼却処理施設)建設工事を受注

 Hitz(日立造船株式会社)は、このほど栃木県佐野市より(仮称)佐野市新清掃センター(ごみ焼却処理施設)建設工事(流動床式ガス化溶融炉:128t/日)を受注致しました。
 
 ダイオキシンなど数々の排ガス規制に対応するための高度技術を必要とする本施設は、発電設備(蒸気タービン:約1,990kw)を併設し、循環型社会むきのエネルギー効率を高めたごみ処理システムとなる予定です。 当社は、「地球温暖化対策の目線でビジネスチャンスを拡大」をスローガンに、地球温暖化対策(COP3)に貢献する環境事業戦略を展開しております。

 本施設は、当社にとって奈良県桜井市向け(150t/日)、石川県向けRDF専焼炉(160t/日)、香川県高松地区向け(300t/日)、長崎県福江市向け(58t/日)、愛知県豊田市向け(405t/日)に続く6件目のガス化溶融炉の受注となります。今回の流動床式ガス化溶融炉の受注は、長年にわたってストーカ炉をつうじて培ってきた当社の高い技術力と実績のうえに築き上げられた信頼性の賜物であります。

 当社は、都市ごみ焼却施設において、ストーカ炉を中心に全国約180か所、海外11か所の実績があります。また、既に国内4か所での運営事業(その内1件はPFIによる完全民設民営事業)や約80か所での運転委託の実績があり、ソリューション型事業を積極的に展開しています。さらに、水・汚泥処理、土壌浄化、大気汚染防止等の事業強化を図ると共に、バランスのとれた総合環境サービス事業のトップメーカーを目指し急ピッチで事業構造転換を推進中です。

本件の排ガス基準および概要は以下のとおりです。


【排ガス基準】

ダイオキシン濃度
0.05ng-TEQ/Nm3以下
ばいじん濃度
0.01g/m3以下
塩化水素濃度
43ppm以下
硫黄酸化物濃度
30ppm以下
窒素酸化物濃度
50ppm以下

 

【概要】

発 注 者
佐野市
工 事 名
(仮称)佐野市新清掃センター(ごみ焼却処理施設)建設工事
建 設 地
栃木県佐野市町谷町
納 期
平成19年3月
受 注 金 額
61億9500万円(税込)

 

新着情報