ページ内を移動するためのリンクです。


多言語サイト

2004年05月06日

中国・南通麗陽化学向けPMMA生産プラント完工・引き渡し

 Hitz(日立造船株式会社)は、このほど、三菱レイヨン株式会社(東京都港区、社長:皇 芳之)と丸紅株式会社(東京都千代田区、社長:勝俣宣夫)の共同出資会社である南通麗陽化学有限公司(所在地:中国江蘇省南通市)向けにPMMA(メチルメタクリル樹脂)生産プラントを完工・引き渡しを行いました。
 本プラントは、PMMAの主なユーザーである自動車、電機製品メーカー等が相次いでアジア地域への生産シフトを行っている中、特に中国において香港や上海を中心にPMMAの需要増加が見込まれることを受け、三菱レイヨン(株)がユーザーへのアクセスに便利で、かつインフラの整備された南通市にてプラント建設を決定したものです。本プラントは、年間4万トンのPMMAを生産するもので、1系列あたりの生産能力は世界最大級となっています。

 本プラントの建設工事は、三菱レイヨン(株)の基本設計を受け、当社が設計・調達・現地工事を行うフルターンキーベースの工事です。
 当社は、今後とも日系企業を中心としたアジア地域における各種生産設備の販売活動に注力していくと同時に、中国市場に対しても積極的な事業展開を図ってまいります。


 本プラントの概要は下記のとおりです。



【概要】

注 文 主
南通麗陽化学有限公司
(所在地:中国江蘇省南通市。
三菱レイヨン(株)80%、丸紅(株)20%出資にて平成13年に設立された中国の現地法人。)
建 設 地
中国江蘇省南通市
生 産 物
PMMA
(メチルメタクリル樹脂:透明性に優れ、自動車部品や液晶の導光板、レンズ材料等に使用される。)
生 産 能 力
4万トン/年
着 工
平成13年10月
竣 工
平成15年12月

 

新着情報