日立造船のフィルタープレスの事業沿革と基本原理

日立造船のフィルタープレスの事業沿革

  • ・1949年 :「木材化学工業株式会社」を創設し、ろ過装置の販売を開始。
  • ・1966年 :「兼松株式会社」の資本参加により、「東京フィルター工業株式会社」を設立。
  • ・1971年 : 国内初のポリプロピレン製ろ過板を開発し、販売開始。
  • ・1973年 : スクレーパ方式の全自動圧搾式を販売開始。
  • ・1977年 :「東京エンジニアリング工業株式会社」に社名変更。
  • ・1983年 : 圧搾方法を進化させたМKⅡタイプを販売開始。
  • ・1998年 : 全自動圧搾式フィルタープレス「AUTOPAC」を販売開始。
  • ・1999年 : 「大機エンジニアリング株式会社」に株主が変更。
  • ・2004年 : 乾燥機能付フィルタープレス「ROLLFIT」を販売開始。
  • ・2006年 : 「アタカ工業株式会社」「大機エンジニアリング株式会社」が合併し、
          株主が「アタカ大機株式会社」に社名変更。
  • ・2006年 : ろ布走行式フィルタープレス「U-TEC」を販売開始。
  • ・2008年 : 「アタカ大機株式会社」「東京エンジニアリング工業株式会社」を吸収合併。
  • ・2014年 : 「日立造船株式会社」「アタカ大機株式会社」を吸収合併。

国内外を合わせ 4,500台の納入実績。


フィルタープレスの基本原理

フィルタープレスは代表的な加圧ろ過機で、密閉されたろ過一次側にろ過ポンプで加圧(0.2~0.6MPa)することでろ過圧力(一次側と二次側の差圧)が倍加し、ろ過速度が著しくアップされます。

フィルタープレスの基本原理

ろ過機能

固形物はろ布で濾し取られ、ろ布表面より徐々に蓄積されてゆき、いわゆるケーキ層を形成して行きます。ケーキ層が厚くなるに従いそのケーキ層が、ろ過抵抗となり処理量が低下してまいります。最終的にろ室内がケーキ層で満杯となり、ろ過終了となります。

フィルタープレスろ過機能

フィルタープレスでの ろ過処理は基本的にろ布のみで微粒子を確保するだけでなく、ろ過形成のケーキ層にて微粒子を補集(ケーキろ過)するのでサブミクロンクラスの粒子も分離可能です。

脱水機能

ろ過、圧搾、エアブロー等の工程処理により他機種以上の低含水率となります。

脱水機能

本図は圧搾機能:ダイアフラムシートの裏側に高圧空気を入れケーキを搾りケーキ内の水分を押出します。


標準圧搾圧力は空気圧による「0.7MPa」ですが水圧による「1.5MPa~2.0MPa」圧搾により、さらにケーキ含水率を低下させることができます。

ケーキ洗浄機能

ろ過後、純水、溶剤等を流すことにより、有効成分の抽出、ケーキの精製が可能です。

ケーキ洗浄機能"

ケーキ洗浄には「原液孔」から洗浄液を流す直接洗浄、「ろ液孔」から洗浄液を通す貫通洗浄があります。
(本図は直接洗浄)

インターネットからのお問い合わせ
お問い合わせ