写真

【INTERVIEW】 社員インタビュー

#19

佐々木 文音

AYANE SASAKI

  • 調達本部
    管理部 管理グループ

    2019年入社
    外国語学部 国際関係学科 卒業

  • 【大学時代の研究テーマ】

    サービスラーニング
    (SDGsの「子どもの貧困問題」をリアルに
    実感するため、子ども食堂の活動に参加)

入社の決め手

「せっかく働くなら仕事の成果が目に見えるものが良い」という思いからメーカーを志望。チームワークを発揮してスケールの大きなものづくりができるところに魅力を感じ、プラントメーカーや重工メーカーの面接を受けていました。そのなかで最終的に日立造船を選んだのは、面接の際に採用担当者の方が緊張をほぐそうと和ませてくださったのが印象的だったからです。実は面接の時はいつもドアの前で「ショートコント!面接!」と心の中で言ってから入るようにしていたのですが、実際にそれを披露したところ「おお!いいねえ!」と面白がってくださり、「この会社は自分に合っているかもしれない」と直感しました。

写真

現在の仕事

私の所属する調達本部は、製品を作る際に必要な資材を仕入れる部門です。そのなかで管理部は調達本部内の総務のような役割を担っており、取引先の与信管理や新規登録、内部統制調査の実施、集計資料の作成、調達本部で使うシステムのエラー対応など、幅広い仕事を担っています。取引先の審査や登録をするにあたっては、「調達管理規程」という社内のルールや法律のことも知っておかないといけないので毎日が勉強です。学生時代よりも社会人になってからのほうが勉強していると思います(笑)。

仕事に対するこだわり

管理部はルーティンワークに加えて他部署から依頼される仕事など突発的な業務も多いので、どれから先に手をつけるか優先順位を意識することが大切だと感じています。仕事のほとんどは自分のところで終わりではなく、次に回していかないといけないため締め切りは厳守。また社内外から問い合わせがあった際、自分だけで解決しようとせず、わからないことは先輩に聞くなどして誠実に対応するように心がけています。

キャリアのターニングポイント

まだ1年目ですので、ターニングポイントと言えるような経験はしていません。しいて言うなら、調達本部の管理部に配属されたことでしょうか。ここは全体的な知識がいる部署なので、新人には対応が難しい業務も多々あります。しかし先輩の指導員が面倒見よく教えてくださり、一つひとつの仕事を覚えて日々成長できるのが楽しいです。

仕事の醍醐味・やりがい

営業など他の部署と違い、管理部の仕事は数字で計ることができません。しかし、最初は時間がかかって何回も手直ししていたExcelの資料を、2回目はスムーズに作成できた時。他部署から新規取引先の登録について聞かれ、しっかりと答えられた時など。社内の人の役に立てたと実感できた時はやりがいを感じます。

日立造船の魅力

新入社員研修や2年間のOJTをはじめ、研修制度はとても充実しています。そのなかでも特筆すべきは語学研修。TOEICの受験は10年間会社負担でできますし、1ヵ月間の英語集中合宿研修、中国語講座、海外研修派遣制度、eラーニングの受講など、スキルアップのための様々な支援があります。特に語学を必要とする部署だけでなく、全社員が対象というのもうれしいですね。

これからチャレンジしたいこと

まずは今担当している仕事を一人前にこなし、管理部として調達本部をサポートできるようになることが目標。また展示会に同行させていただく機会もあり、製品に触れるうちに、いずれは資材調達の仕事もしてみたいと考えるようになりました。将来的には「○○なら佐々木に聞けば大丈夫!」と言ってもらえるような、得意分野を見つけたいと思っています。

写真

アドバイス&エール

仕事をするうえで必要な資質や技能は?

コミュニケーション能力と、謙虚に学び続ける姿勢。課長や部長など上の立場になられても日々勉強されている姿を見ると、常に吸収することが大切なのだと感じます。

ビジネスパーソンとして成長するために大切なことは?

多面的なものの見方ができること、考え方が柔軟であること。

学生の皆さんへ

明るさが取り柄の私ですが、就活中は周りと比べてネガティブになったり、自分の将来が不安になったりと、思い悩むことが多くありました。しかしそれも自分と向き合う貴重な時間。「悩むのは当たり前!みんな同じ」と思ったらちょっと気が楽になります。