写真

【INTERVIEW】 社員インタビュー

#19

高 泰英

Taeyeong Koh

  • 社会インフラ事業本部
    鉄構・防災営業統括部 西日本営業部

    2016年入社
    経済学部 卒業

  • 【大学時代の研究テーマ】

    プロ野球の球団成績と
    観客動員数の相関について計量分析

入社の決め手

あらゆる面でスケールの大きなことをしている会社で仕事がしたいと思い、鉄鋼、重工業、海運業界を中心に就職活動をしていました。そんな中で当社に出会いました。そして、学生時代にウインドサーフィン部に所属していたことから、当社が行っているGPS波浪計の製造や水門・海洋鋼構造物の建設など、海の安全に関わる事業に惹かれました。

写真

現在の仕事

海洋鋼構造物製品の営業を担当しています。全国の護岸や港湾整備の案件情報を収集し、設計部門や工場と協力しながら鋼構造物製作の提案をして、受注につなげることが私の仕事です、お客様と積極的に交流を図り、情報・意見交換を通じて当社の強みをPRすることがミッションだと考えています。そのためには自社製品や各部門の特性をしっかり理解しなげればなりません。

仕事に対するこだわり

さまざまなフィールドにアンテナを立てて、幅広い情報や市場の動向をつかんでおくことが大切です。そうすることでお客様のニーズにマッチした提案ができると考えています。また、自分が得た情報をもとに「報・連・相」をしっかり行い、社内で情報共有することを心がけています。2年目でまだまだ不慣れなことが多い中でも、うまく物ごとを運べるよう、工場の方々や設計マンとの関わりを通じていろいろなことを貪欲に吸収したいです。

キャリアのターニングポイント

入社当時と比べ、製品担当としての責任感が増したと思います。見積もり対応や追加工事費の交渉などを経験し、自らが主体となって社内外の調整ができるようになってきました。今後もスケジュール感をしっかり把握して、プロジェクトがスムーズに進行するよう努めたいと思います。

仕事の醍醐味・やりがい

最前線で仕事をしているという責任感が醍醐味です。プロシェクトに携わるすべて人にとって良い方向に進むよう舵取りをして、うまくいった時は大きな充実感をおぼえます。さまざまな人との関わりを通じて、業界のさまざまな情報を得られることも、営業のおもしろさだと思います。

日立造船の魅力

これまで関わったことのない技術や経験に出会えることです。日々勉強することばかりですが、先輩方のサポートのおかげでさまざまな知識を身につけることができています。分からないことがあった場合、気軽に相談できる雰囲気も当社の素晴しいところです。

これからチャレンジしたいこと

お客様と会社の架け橋となり、日立造船に頼んで良かったと言われるような一人前の営業マンになることが目標です。営業という正解のない業務に日々苦戦していますが(笑)、お客様との信頼を築き、日立造船の名を高めていきたいと考えています。

写真

アドバイス&エール

仕事をするうえで必要な資質や技能は?

特定のスキルではなく、人間性が大事です。

ビジネスパーソンとして成長するために大切なことは?

責任感とビジョンをもって行動すること。コミュニケーション能力も必要です。

学生の皆さんへ

部活、研究、バイト、何でも良いので、「これだけはやりきったぞ」という経験は、社会人になっても貴重な財産になりますよ。