Globalで働く

Globalで働く先輩社員

グローバルな環境で働いている3名の方に、今働いていて思うことなどを知らせてもらいました。

現地工事で働く

プラント工事を円滑に進めるため、
文化・言葉の壁を乗り越えカタールのスタッフと協力

海外のプラント建設では、クライアント、サブコン(下請け業者)、社内の各部門との連携・調整がより一層大切です。限られたスペースで複数のサブコンが作業する状況においては、工事エリアのアクセスやスケジュールをしっかり管理し、円滑に工事を進めることが不可欠です。私たちの仕事では「納期・コスト・品質の徹底が大切」といわれますが、現地のサブコンはコストを優先し、スケジュールを守る意識が低い傾向があります。また、こちらに不備があったり契約外の作業が発生したりすると、それが工事の遅れの理由や追加費用の請求につながってしまうことも。このようなことが起きないよう、メインコンストラクターとして常に状況を把握し、スタッフ全員で共有しながら工事を進行するよう心がけています。

また、品質面においても日本国内と比べると、まだまだ充分とはいえません。少しでも品質が向上するよう、密にコミュニケーションをとるようにしています。言葉の壁があり苦労することもありますが、それを乗り越え、スムーズに工事を進められた時の達成感は言葉ではあらわせないもので、それこそが海外で働く醍醐味だと思います。

写真写真

小林 直樹

海外プロジェクト部

OFF TIME

海外で充実感をもって働くためには、オフを有効活用することがポイントです。カタールでは、夏は気温が40℃を超えるため外出することはあまりありませんが、冬は日本人スタッフのソフトボール大会に参加したり、ゴルフをしたりして楽しんでいます。ゴルフといっても、土のフェアウェイに人工芝のマットを敷いて打つ、中東ならではのスタイルですが。でも、広大な砂漠でのプレイは本当に壮快です。日本に帰った時、腕が上がっていることを期待しています。

現地事務所で働く

積極的な姿勢、柔軟な思考、広い視野を重視して、
お互いに足りない部分を補い合う

タイ現地法人に出向し、管理業務のサポートおよび営業活動をしています。管理業務は、経理、総務、労務等多岐にわたる上、現地法に則った運営が必要になります。現地法も頻繁に改正されるため、常に現地報道や外部機関を通じて情報収集しています。営業活動は、日立造船の全製品について行います。私は、その中の一部製品を担当しています。日本本社側と情報共有しながら、現地でしかわからない情報の収集や、現地のキーパーソンとの信頼関係構築に努めます。しかし言語や文化の壁があり、日本人だけでは限界があるため、社内タイ人スタッフとの協力は欠かせません。出向者と現地スタッフとで、お互い足りない部分を補い合いながら業務を行うことが大切だと感じます。自分の知識や経験の浅さに落ち込むこともありますが、常に学ぶ機会があり有難いです。これまでこうだったからこうする、というように慣習に従うだけでなく、その目的を考えながら、常に新しい目線で業務に努めたいと思います。

海外であれ、日本国内であれ、基本的に仕事に必要なスキルは変わらないと思います。積極的な姿勢、柔軟な思考、広い視野が重要と思います。チャンスを引き寄せて、掴めるよう、日々努力を積み重ねていくことが大事だと思います。

写真写真

谷口 早紀

タイ現地法人

OFF TIME

旅行することが多いです。基本的にタイ国内、周辺国に行くこともあります。同じ国内でも文化や言語が異なる部分があり、タイ自体やタイ人についてより理解が深まります。また、自然がきれいで癒されます。またバンコクやその周辺でカフェめぐりをすることもあります。日本に負けず劣らずおしゃれでおいしいカフェがたくさんあって楽しいです。

海外グループ企業で働く

生まれ育った環境が異なる人たちとの違いを
認める寛容さをもって仕事に取り組むことが大切

私が働くHitachi Zosen Inovaは、Energy From Waste事業で世界No.1のグローバル企業を目指して活動しています。これまで手掛けた多くのプロジェクトを通じて、従業員は設計に関するさまざまな問題や課題に対処できるハイレベルなスキルを備えています。その中で私は燃焼ガス関連のプロジェクトマネージャーを担当し、これまでに現地施設の試運転などにも携わってきました。

現在のプロジェクトチームは、社内の他部署の従業員や、異なる国からきたメンバーによって構成されています。生まれ育った環境や文化が異なるため、プロジェクトをスムーズに進めるためには、お互いの違いを認め合う寛容さをもつことが大切です。こうした姿勢を身につけることは簡単ではありませんが、さまざまな国で活動するためには欠かせない要素だと思います。

Hitachi Zosen Inovaで働く魅力は、チャレンジングな仕事に関わり、新しい技術やアイデア、そして世界各国の素晴しい人たちと出会えることです。これらは自分自身の成長だけでなく、会社の成長にもつながっているので、とても刺激的です。私は旅が大好きなので、これからも海外に出て多くのことを吸収したいと考えています。そして、 “お客様に丁寧で、質の高いサービスを提供する” という当社のポリシーに基づいて、世界の方々に貢献できるプラント建設に取り組んでいくことが目標です。

写真写真

Carmen Castellole

Hitachi Zosen Inova