ページ内を移動するためのリンクです。


多言語サイト


日立造船グリーンボンド

日立造船株式会社は、国内市場において公募形式による「日立造船グリーンボンド」の発行を決定しました。なお、本発行は国内製造業で初めてのグリーンボンドの事例です。

グリーンボンドとは、企業や地方公共団体等が、グリーンプロジェクト(環境改善効果がある事業であり、再生可能エネルギー事業、省エネ建築物の建設・改修、環境汚染の防止・管理など)に要する資金を調達するために発行する債券です。

日立造船グリーンボンド発行の目的

当社は、ごみの衛生的な処理およびこれらを燃料として発電し電力を供給することができるごみ焼却発電施設事業を世界中で手掛けています。今回のグリーンボンドの発行で調達された資金は、CO2排出量の削減効果が認められるごみ焼却発電施設にかかる資材購入等の費用としての運転資金に充当する予定でございます。当社は、グリーンボンドの発行により資金調達手段の多様化を図るとともに、より環境にやさしい施設導入を図り、循環型社会の実現に貢献していきます。

日立造船グリーンボンドの概要

発行体 日立造船株式会社
名称 日立造船株式会社第26回無担保社債
(日立造船グリーンボンド)
発行日 2018年9月21日
条件決定日 2018年9月14日
発行年限 3年
発行額 50億円
利率 年0.24%
資金使途 当社が受注して現在建設中のごみ焼却発電施設にかかる資材購入等の費用としての運転資金に充当
グリーンプロジェクト ①京都市南部クリーンセンター第二工場(仮称)
②菊池環境保全組合新環境工場
発行登録追補目論見書 発行登録追補目論見書
社債格付 BBB+(JCR)
主幹事 三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社
野村證券株式会社
グリーンボンド・ストラクチャリング・エージェント(注1) 三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社

(注1)グリーンボンド・ストラクチャリング・エージェント
グリーンボンドのフレームワークの策定およびセカンドオピニオン取得に関する助言等を通じて、グリーンボンドの発行支援を行う者。

グリーンプロジェクト概要

① 京都市南部クリーンセンター第二工場(仮称)

発注者 京都市
工事名称 京都市南部クリーンセンター第二工場(仮称)建替え整備工事
対象業務 ごみ処理施設・管理事務所・環境学習施設の設計および施工
(既存施設の解体、外構その他関連する付帯施設整備等を含む)
施設概要 処理量:500t/日(ストーカ炉 250t/日×2炉)
発電能力:14,000kW
選別資源化設備:180t/6時間
バイオガス化設備:60t/日(30t/日×2系列)
竣工 2019年3月末

② 菊池環境保全組合新環境工場

発注者 菊池環境保全組合
工事名称 新環境工場(ごみ処理施設)整備及び運営事業
対象業務 ごみ処理施設の設計・施工および建設後の20年間の運営
施設概要 処理量:170t/日(85t/日×2炉)
発電出力:2,800kW
竣工 2021年3月末

適格性に関する第三者評価

① セカンドパーティオピニオン

本グリーンボンドの適格性と透明性の確保および投資家への訴求力向上のため、第三者評価として、リスクマネジメントに関する先駆的国際機関であるDNV GL ビジネス・アシュアランス・ジャパン株式会社からセカンドパーティオピニオンを取得しております。

② 環境省の平成30年度グリーンボンド発行促進体制整備支援事業

本グリーンボンドに係る第三者評価の取得について、環境省の平成30年度グリーンボンド発行促進体制整備支援事業(注2)の補助金交付対象となっております。

(注2)環境省グリーンボンド発行促進体制整備支援事業
グリーンボンドを発行しようとする企業や地方公共団体等に対し、外部レビューの付与、グリーンボンドフレームワーク整備のコンサルティング等により支援を行う登録発行支援者に対して、その支援に要する費用を補助する事業。対象となるグリーンボンドの要件は、調達した資金の全てがグリーンプロジェクトに充当されるものであって、かつ発行時点において以下の全てを満たすもの。

  1. (1)グリーンボンドの発行時点で以下のいずれかに該当すること
    ① 主に国内の低炭素化に資する事業(再エネ、省エネ等)
    • 調達資金額の半分以上又は事業件数の半分以上が国内の低炭素化事業であるもの
    ② 低炭素化効果及び地域活性化効果が高い事業
    • 低炭素化効果:国内のCO2削減量1トン当たりの補助金額が一定以下であるもの
    • 地域活性化効果:地方公共団体が定める条例・計画等において地域活性化に資するものとされる事業、地方公共団体等からの出資が見込まれる事業等
  2. (2)グリーンボンドフレームワークがグリーンボンドガイドラインに準拠することについて、発行までの間に外部レビュー機関により確認されること
  3. (3)いわゆる「グリーンウォッシュ債券」ではないこと

投資表明投資家一覧

日立造船グリーンボンドへの投資表明をしていただいた投資家をご紹介します。
(2018年9月14日時点、50音順)

グリーンボンドフレームワーク

CSR