機能性材料

垂直配向性CNTシート材

機能性新素材垂直配向性CNTシート材「HiTaCa®」(ヒタカ®

HiTaCa シート・基板

カーボンナノチューブ(CNT)とは、グラファイト構造の膜または層がチューブ状をなした10億分の1mのレベルの超微細なナノテク素材で、従来にない優れた特性があり、さまざまな用途への展開が期待されています。

当社で保有する要素技術を活かし、50μm以上の長さを有し、基板上に垂直配向するCNT(VA-CNT)の製造・量産技術の開発に取り組んでいます。
当社の垂直配向CNT「HiTaCa®」は、CNTが有する電気特性、熱特性、機械特性などを活かした各種電極やセンサーをはじめ、放熱部材や電磁波吸収・シールド材、強度補強部材・フレキシブルヒーターなどへの利用が期待されています。

現在、基板やロールtoロール技術を活かした低コスト・量産製造の開発を進めながら、これら適用製品分野のメーカーや研究機関とオープンイノベーションにより、評価や共同開発を進めています。

「HiTaCa®」仕様・物性データ

HiTaCaシート・基板
CNT層数 多層 (5~10層)
CNT外径 φ10~30nm
CNT長さ 50~500μm
本数密度 109~1011本/cm2
嵩密度 10~100mg/cm3
純度 >99%
G/D比 1~15
電気抵抗率 0.001~0.1Ωcm 面方向;1Ωcm
熱伝導率 厚み方向;2~25W/mK
HiTaCaプレスフィルム
厚み 10~25μm
密度 500~1000mg/cm3
引張強度 5~15MPa
電気抵抗率 厚み方向;0.6~0.8Ωcm 面方向;0.005~0.025Ωcm
熱伝導率 厚み方向;0.3W/mK 面方向;20W/mK
HiTaCaワイヤー
作製可能範囲太さ φ10~100μm
引張強度 ~1,000MPa
電気抵抗率 ~0.001Ωcm
熱伝導率 70W/mK
  • 注)本掲載データは代表値であり、保証値ではありません。

「HiTaCa®」適用形態例

HiTaCaドローイングフィルム

  • VA-CNTから引き出されたCNT繊維シート
  • 電極、センサー、ワイヤーなどへの適用

HiTaCa ワイヤー

  • CNT繊維シートを撚って得られた線材
  • 配線材、センサーなどへの適用

HiTaCaシート・基板

  • 特殊作製したCNT配向シート
  • 放熱部材、強度補強部材などへの適用

HiTaCaプレスフィルム

  • 配向CNTをプレス加工により作製したCNTフィルム
  • 電磁波シールド、補強部材、フィルターなどに適用

HiTaCa樹脂複合シート

  • 樹脂を含浸した樹脂複合シート
  • 電極、電磁波吸収などへの適用

HiTaCa金属接合シート

  • 配向CNTを金属に転写することにより作製したシート
  • 放熱部材、強度補強部材などへの適用

「HiTaCa®」サンプル評価・サンプルご購入について

サンプル評価の流れ

  1. 1お問い合わせ

    お問い合わせフォームから、会社名、所属、役職、氏名、連絡先、E-mail、問い合わせ内容をご登録ください。

  2. 2打ち合わせ

    ご要望に応じて、適用用途や評価したいCNTの仕様を確認させていただきます。
    サンプルは有償でご提供していますが、取扱誓約書のご提出をお願いしています。

  3. 3サンプル提供・お客様評価

    ご要望に応じて、サンプルを提供させていただいています。

  4. 4結果 打ち合わせ

    サンプルの評価結果などをふまえ、今後の進め方などをお打ち合わせさせていただきます。

関連技術

事業に関する各種お問い合わせはこちら

お問い合わせ