食品廃棄物メタン発酵システム

食品廃棄物メタン発酵システムの写真 生ごみや食品廃棄物等の有機性廃棄物を、希釈水を用いず高速メタン発酵します。高効率でコンパクトなシステムです。

食品廃棄物メタン発酵システム(WTMシステム)

無希釈による高速メタン発酵で、エネルギー効率が大幅に向上。

生ごみ、食品廃棄物等の有機性廃棄物をメタン発酵させ、発生したメタンガスを電気・熱エネルギーとして再資源化するシステムです。
Hitz日立造船が開発した効率的な循環式メタン発酵プロセスにより、有機性廃棄物に水を加えず高速メタン発酵を行うことを可能にしています。

食品廃棄物メタン発酵システム(WTMシステム)の概要図

特長

  • 1メタン発酵液の返送により、希釈水を加えず、副資材なしで湿式高速メタン発酵が可能
  • 2加温すべき液量を減らせるため、エネルギー効率が大幅に向上
  • 3高温可溶化槽により、固形物の分解速度が大きく向上。さらに病原性微生物を不活化させ衛生的無希釈処理により、高濃度のメタン生成菌の保持が可能
  • 4CODcr負荷(20kg⁄(m3・d)以上)(生ごみ)で安定運転と高い分解率(85%)を実現
  • 5アンモニア阻害に強い中温メタン発酵法を採用

エネルギー自立が可能

  • 1無希釈処理のため加温すべき液量を減らせ、エネルギー効率が大幅に向上します。
  • 2生ごみ3t/日以上の処理規模で余剰電力を回収できます。
処理量と消費・発電電力量の関係(従来技術との比較)の比較図
処理量と消費・発電電力量の関係(従来技術との比較)

従来法とWTMシステムの違い

従来法

従来のメタン発酵法では、CODcr容積負荷は13kg(m3・d)未満であり、生ごみに水を加えて希釈して処理する必要がありました。メタン発酵槽の加温に必要な熱量が大きくなり、処理費用が上がる原因となり、分解率は70%程度でした。

WTMシステム

  • 1高速・高負荷運転が可能となります。(CODcr容積負荷で従来の1.5倍 20kg⁄(m3・d))
  • 2分解率は85%以上に向上します。
  • 3メタン発酵槽の加温エネルギーが少なく、回収エネルギーが増大します。
  • 4排水処理費用を大幅に節減できます。
インターネットからのお問い合わせ
お問い合わせ