電気浸透式汚泥脱水機「スーパーフレーク®


汚泥含水率70%以下。 電気浸透作用を応用した高度な脱水効果。
電気浸透作用を用いた汚泥脱水機で水と汚泥がそれぞれ反対の電極に引き寄せられる性質を利用し、両者を効率よく分離するものです。通常の脱水方式における汚泥含水率が83~85%程度であるのに対して、スーパーフレーク®では含水率65~70%という高い脱水効果を容易に実現。重量にすると約50%の汚泥量を低減し、その処分費も大幅に低減することができます。

                         ・含水率と汚泥量の低減

資源化システムの写真     含水率と汚泥量の低減

電気浸透作用の原理

資源化システムの写真 水分を含む汚泥を電極に挟んで直流電圧を作用させると、負の電荷をもっている汚泥粒子は陽極付近に集まり、正の電荷を帯びた水分子はろ布を通して陰極側に移動します。 本装置はこの原理を応用しています。

処理フロー

・脱水機の新設および更新の場合
脱水機の新設および更新の場合



・既設脱水機の後段に設置する場合
既設脱水機の後段に設置する場合



特長

  • 1省スペース設置

  • 2既設脱水機との組み合わせ

  • 3補修費低減

  • 4維持管理費低減

  • 5簡単操作・安全設計

  • 6衛生的な作業環境

用途

インターネットからのお問い合わせ
お問い合わせ