ページ内を移動するためのリンクです。


Loading

  1. トップ
  2. 研究開発・技術
  3. 機能性新素材トチュウエラストマー®

機能性新素材トチュウエラストマー®

未来への想い、ここから始まる。バイオマス機能性新素材トチュウエラストマー

トチュウエラストマー®は、落葉樹のトチュウ(杜仲茶の木)から抽出・精製したトランス型ポリイソプレンで、分子量が100万を超えるバイオポリマーです。

主な性質として、低い温度域で形状を変えることができる低温熱可塑性と、高い耐衝撃性などの特性を示します。また、架橋により形状記憶機能の付与も可能です。これらの性質から、スポーツ産業や医療産業など、衝撃に対する耐久性が求められる用途への展開が期待されています。
そして、他のポリマーへの添加により、各種ポリマー単独では出せない物性を持つ新しいブレンドポリマーの創製が可能です。

当社では海外独資法人による自社農園から、トチュウバイオマス原料の安定供給体制を構築しております。海外からのバイオマス原料を用いて、日本国内の自社工場(舞鶴工場)にて独自の技術により抽出・精製し、トチュウエラストマーの製造を行っています。このようにして、原料供給から材料生産まで一気通貫した安定供給システム体制を取ることで、高品質なバイオエラストマーの供給を図ることが可能となりました。
これと共に、大阪大学にHitz協働研究所を既に設立しており、産学連携により機能性材料・用途の開発を行っています。

研究開発・技術