ページ内を移動するためのリンクです。


Loading

2018年04月24日

クリーンパーク折居が竣工・運営開始

日立造船株式会社グループ(日立造船株式会社、Hitz環境サービス株式会社、株式会社環境総合リサーチ)は、城南衛生管理組合(管理者:山本 正 宇治市長)より、折居清掃工場更新施設整備運営事業を2015年に受注し、同施設の建設を行ってきましたが、このほど、竣工し、当社が出資する城南環境テクノロジー株式会社が2018年4月1日より運営業務を開始しました。

■本事業の目的
竣工から32年を経過した折居清掃工場の老朽化に伴い、新施設を基本方針である「安全・安定的に処理できる施設」「環境に配慮した施設」「経済性に優れた施設」「ごみの持つエネルギーと水資源の有効利用」のもとに建設し、安心安全な工場運転を長期的に行なっていきます。

■当社グループの役割
新施設のEPC(調達・設計・建設)、旧工場の解体工事、跡地利用工事、20年間の運営業務を請け負いました。新施設には、当社が開発した燃焼画像認識システム「CoSMoS®(Combustion Sensing Monitor System:コスモス)」 、無触媒で窒素酸化物の発生を抑制する「NeoSNCR®」などの最新技術を導入しています。

■効果
「CoSMoS®」や「NeoSNCR®」などを活用し、焼却炉の安定運転を実現していきます。


<概要>

   
1.施設名称 :クリーンパーク折居
   
2.所在地 :京都府宇治市宇治折居 18 番地
   
3.事業名称 :折居清掃工場更新施設整備運営事業
   
4.施設規模 :ストーカ式焼却炉115t/日(=57.5t/日×2炉)、発電出力:2,110kW
   
5.事業期間 :設計・施工期間 2015年2月~2020年3月
   ・施設の引き渡しは2018年3月
 
   ・現折居清掃工場の解体工事、跡地利用工事を含む。
   運営期間    2018年4月~2038年3月(20年間)
 
   
6.発注者 :城南衛生管理組合(管理者:山本 正 宇治市長)
   
7.契約金額 :150億円(税抜き)


2743_外観.jpg
クリーンパーク折居の外観


クリーンパーク折居の受注時のニュースリリースは下記をご覧ください。
http://www.hitachizosen.co.jp/news/2015/02/001560.html
 

ニュースリリース