ページ内を移動するためのリンクです。


Loading

2018年04月12日

メタン発酵事業者としてスウェーデン市場に参入

日立造船株式会社の100%子会社Hitachi Zosen Inova AG(スイス、CEO:Bruno-Frédéric Baudouin、以下、HZI)は、スウェーデン ヨンショーピング市内の湿式メタン発酵施設・ガス充填設備JEBIO1を買収し、メタン発酵事業者としてスウェーデン市場に参入しました。今後スカンディナビア地域で2施設目となるKompogas®技術を用いた乾式メタン発酵プラントを建設し、自社設備として運営する予定です。

■本件の詳細
HZIはJEBIO1をヨンショーピング市から買収したことにより、スウェーデンにおけるメタン発酵事業者となりました。今後の2年間は本施設を運営し、その間に乾式メタン発酵技術Kompogas®を用いたプラントを同市内に建設します。建設予定のプラントでは、乾式メタン発酵槽2基により年間40,000トンの有機性廃棄物(生ごみ・剪定枝等)を処理します。生産したバイオガスは、HZI BioMethan社の設備により高純度のメタンガスに精製され、輸送用燃料(CNG)として販売します。発酵過程で生じた固形堆肥は市が引き取り、液肥は地元農家に販売する予定です。
HZI BioMethan社:HZIの子会社。Hitachi Zosen Inova BioMethan GmbH (ドイツ)

スウェーデンは、カーボンニュートラル推進で世界をリードしていますが、新プラントの建設、HZIのKompogas® 技術およびHZI BioMethan社のバイオガス精製技術によってヨンショーピング市内の公共輸送機関は事実上生ごみ・剪定枝等由来のエネルギーで運営可能になります。HZIは今後も事業を通じて温室効果ガス排出削減に貢献していきます。

■建設予定Kompogas®プラントの概要

   
1.廃棄物処理量: 有機性廃棄物(生ごみ、剪定枝等)40,000トン/年
   
2.ガス生成量 : バイオガス35GWh/年
   
3.残渣処理  : 堆肥化(固形堆肥、液肥)
   
4.建設地   : スウェーデン王国 ヨンショーピング市
   
5.稼動開始  : 2020年末


■HZIのコンポガス技術Kompogas®について
乾式メタン発酵の代表的な手法の1つ。生ごみなどの有機性廃棄物を嫌気性状態で約55℃の温度に保ち、微生物の働きによりバイオガスを発生させます。処理済み残渣は堆肥として農業や園芸資料に利用されます。HZIのKompogas®は世界30カ国以上の国々で商標登録されています。
 

ニュースリリース