ページ内を移動するためのリンクです。


Loading

2017年06月08日

高速繊維ろ過装置「まりも®」が中国 広東省のモデル研究事業に採択

日立造船株式会社は、近畿経済産業局の関西・アジア環境・省エネビジネス交流推進フォーラム(会長:古川実、以下、Team E-Kansai)と中国広東省科学技術庁が実施した「科学技術発展特別テーマ資金プロジェクト」におけるモデル研究事業に応募し、このほど、当社の高速繊維ろ過装置「まりも®」による都市下水高度処理の研究が採択されました。

※関西・アジア環境・省エネビジネス交流推進フォーラムとはアジア地域における環境負担軽減や地球環境問題への対応、また関西地域とアジア地域との環境・省エネ産業のビジネス交流等を目的に、2008年11月に設立された企業フォーラムです。

■プロジェクトの概要
本プロジェクトは、「近畿経済産業局と中華人民共和国広東省科学技術庁による環境・省エネルギー分野における協力枠組み」(2016年3月16日締結)の合意内容に基づき、初めて創設されました。
当社は、本プロジェクトにおいて、広州擎天材料科技有限公司および中国電器科学研究院有限公司とともに、広東省下水処理場内にてモデル研究設備(数千m3/日を予定)を設置し、高速繊維ろ過装置「まりも®」を用いた高度汚水処理システムの実証を行います。継続的な運転、データ収集によって得た評価・報告を活用し、広東省および中国国内での本技術の普及・拡大を図ります。

1.試験期間:2017年4月~2019年2月
2.試験場所:広東省内下水処理場
3.補助金額:100万元

■今後の方針
中国政府は、下水処理などの水環境の向上を「五カ年計画」の方針の1つとして掲げており、下水処理水の水質基準値の厳格化、地方都市の施設整備などに非常に意欲的に取り組んでいるために、種々の水処理技術のニーズが高まっています。こうした状況を鑑み、「まりも®」の有する①高いろ過速度、②高い維持管理性、③省スペース性、といった特長が、現地企業との共同参加にて、日本と中国の公的モデル事業において高く評価されたことは、大きな成果と言えます。
また、当社は全社海外事業比率50%以上を将来目標としており、水処理事業においても、市場拡大が課題となっております。本プロジェクトを実施する中国をはじめ、その他東南アジア地域においても、各現地パートナーとの協業を通じて、高速繊維ろ過装置「まりも®」、機械式曝気・撹拌装置「ドラフトチューブエアレーター」等の高度技術を中心に、精力的に営業展開していきます。

ニュースリリース