ページ内を移動するためのリンクです。


Loading

2017年04月12日

金武地区消防衛生組合向けキャンプ・ハンセン等周辺ごみ処理施設(焼却施設等)建設工事を受注

日立造船株式会社子会社であるエスエヌ環境テクノロジー株式会社(大阪市、社長:下田 栖嗣)、株式会社仲間組(沖縄県金武町、社長:仲間 信榮)、有限会社國場電工(沖縄県金武町、社長:國場 盛光)による3社建設共同企業体であるエスエヌ環境テクノロジー㈱・㈱仲間組・㈲國場電工建設工事共同企業体(代表企業:エスエヌ環境テクノロジー株式会社、以下、当企業体)は、このほど、金武地区消防衛生組合(管理者:仲間 一 (金武町長))よりキャンプ・ハンセン等周辺ごみ処理施設(焼却施設等)建設工事を受注しました。

本工事は、循環型社会に寄与する施設として、自然環境や社会環境との調和、周辺地域との共生ができるような配慮を行いつつ、経済性を考慮して計画するものとし、防衛省の補助を活用して当企業体が施設の設計および建設を請負います。

<概 要>
1.発  注  者:金武地区消防衛生組合(管理者:仲間 一 (金武町長))
2.工  事  名:キャンプ・ハンセン等周辺ごみ処理施設(焼却施設等)建設工事
3.施設規模:焼却施設 ストーカ式焼却炉 32トン/8h(16トン/8h×2炉)
         リサイクル処理施設 6.3トン/5h
         (不燃・粗大 5トン/5h、缶 0.8トン/5h、ペットボトル0.5トン/5h)
4.建設期間:2017年3月~2020年8月
5.建設場所:沖縄県国頭郡宜野座村字惣慶地内

 

ニュースリリース