ページ内を移動するためのリンクです。


Loading

2017年04月12日

熊本城・阿蘇神社等被災文化財復興支援募金「Hitz熊本地震文化財復興支援募金」の実施について

2016年4月14日に発生した熊本地震から一年を迎えました。この震災によって亡くなられた方々に対して改めて哀悼の意を表しますとともに、被災された皆さんの未だ続くご苦労を推察し、重ねてお見舞い申し上げます。

日立造船株式会社は、熊本県長洲町にある当社の主力工場である有明工場を通じて、地震発生直後から地元企業として支援物資の供出、募金活動や支援金の拠出などの復興支援に取り組んできました。また、当社は納入した橋梁の点検および補修、熊本市・東部環境工場の復旧、放電破砕機による瓦礫除去などを行い、復興につながる活動を行ってきました。

このたび、当社は熊本城・阿蘇神社等被災文化財復興支援委員会に賛同し、4月14日から5月末までの期間にグループを挙げて、熊本城・阿蘇神社等被災文化財復興支援募金「Hitz熊本地震文化財復興支援募金」を実施することとしました。また、同期間に当社本社の正面玄関において、熊本地震による被災文化財のパネル展示を実施し、5月9日には同委員会 全国委員で柔道家の山下泰裕氏(熊本県上益城郡矢部町(現 山都町)出身)による復興祈念講演会を予定し、被災地域の現状を知り、継続的な復興支援をグループ全体で考えていきます。

被災地の一日も早い復興を祈念するとともに、日立造船グループは今後とも当社の技術を復興に生かせるよう取り組んでいきます。

※熊本城・阿蘇神社等被災文化財復興支援委員会
熊本地震により、熊本城や阿蘇神社をはじめ熊本の文化財に被害が発生したことを受け、文化財の一日も早い復元・修復等を支援する民間組織「熊本城・阿蘇神社等被災文化財復興支援委員会」が2016年7月19日に結成されました。本委員会は、県内外に広く熊本城・阿蘇神社等被災文化財復興支援募金活動に取り組んでいます。
URL  http://www.pref.kumamoto.jp/kiji_16505.html

 

         JNL2686_panel.jpg

                           熊本地震による被災文化財のパネル

 

ニュースリリース