ページ内を移動するためのリンクです。


Loading

2017年02月10日

小規模ゴミ焼却施設用パネルボイラ式排熱回収発電システムが第37回優秀賞エネルギー機器表彰 日本機械工業会会長賞を受賞

Hitz日立造船株式会社は、このほど、一般社団法人日本機械工業連合会主催の「第37回優秀省エネルギー機器表彰」において、「日本機械工業連合会会長賞」を受賞しました。受賞したのは、当社の「小規模ゴミ焼却施設用パネルボイラ式排熱回収発電システム」で、第35回(2014年度)に「最適反応制御型高効率無触媒脱硝装置(NeoSNCR®)」の「資源エネルギー庁長官賞」以来、2年ぶりの受賞となります。
 

   photo-1.JPG    photo-2.JPG
 

受賞式

   

■当社「小規模ゴミ焼却施設用パネルボイラ式排熱回収発電システム」について
1.開発の経緯
我が国の地球温暖化対策において、ごみ焼却施設からも、より一層のエネルギー回収が求められていますが、小規模の既存施設には発電設備を設置していない施設が存在します。既存施設に発電設備を設置するにあたっては、改造に伴う費用と発電設備の複雑な維持管理が課題となっていましたが、当社は発電設備の中核機器であるボイラに的を絞り、改造コストの低減および容易な維持管理を追求し本システムの開発を行いました。

2.特長
ごみ焼却施設に新たに発電設備を設置する際には、焼却炉上部の冷却設備をボイラによる熱回収設備に改造する必要があります。本システムは、従来の複雑な構造をしたボイラとは異なり、当社が開発した、4枚のパネルを組み合わせるだけで製作が可能なパネルボイラ®を使用することにより、ボイラの製作費・工事費を低減することが可能となります。また、シンプルな構造かつ付属設備が少ないため、導入後のメンテナンスや運転も容易となります。

3.効果
焼却能力が90t/日において、ガス冷却室による冷却設備をパネルボイラ®による熱回収設備に変更した場合、排ガスからの熱回収率は約2倍以上に向上し、施設運転の電力使用量は年間1,440MWh削減できる見込みです。この電力使用量は、一般家庭400世帯分の年間電力消費量に相当し、年間500tのCO2削減が可能となります。

    EfWflow_Panelboiler_JNL.jpg

■受賞にあたり
このたびは、栄えある日本機械工業連合会会長賞に選出していただき、大変光栄に存じます。「小規模ゴミ焼却施設用パネルボイラ式排熱回収発電システム」は、発電設備がないごみ焼却施設において、熱回収率を向上させ、施設運転の電力使用量やCO2の削減を可能にするもので、ランニングコストの低減という点からも投資回収しやすく費用対効果のあるシステムです。自治体様の課題解決、よりよい施設運営に寄与できるものと考えています。
当社は、今回の受賞を機に、さらなる業界の発展および地球環境の保護に貢献していきたいと考えております。

■優秀省エネルギー機器表彰について
一般社団法人日本機械工業連合会が主催する表彰制度で、優秀な産業用省エネルギー機器の開発、実用化を通じて、エネルギーの効率的利用の促進に貢献していると認められる企業、企業グループを表彰するものです。1980年度より、毎年実施されており、特に優秀な省エネルギー機器が、「経済産業大臣賞」、「資源エネルギー庁長官賞」、「日本機械工業連合会会長賞」に選定、表彰されます。

ニュースリリース