ページ内を移動するためのリンクです。


Loading

2016年12月09日

ラオスと包括連携協力協定を締結 ~環境・グリーンエネルギー分野で協力~

Hitz日立造船株式会社は、本日、ラオス・エネルギー鉱業省(以下、MEM)と環境・グリーンエネルギー開発および事業化に関する包括連携協力協定を締結しました。
当社はMEMと連携・協力して同国のエネルギー政策に基づくニーズに対し、環境調和型のエネルギー源(グリーンエネルギー)の開発、および関連施設導入とグリーンエネルギーの国内普及に向けたプロジェクトを検討していきます。

記者会見

kaiken114.jpg

■ラオスの情勢
ラオスは、豊富な水資源を活用した水力発電によって大量の電力を生産し、その電力を隣国へ輸出しています。また、近年は鉱業や製造業、サービス業などの進展に伴う継続的な成長により、経済成長率が高い水準で推移しています。経済の発展とともに環境に適応した新たなエネルギー源の開発や電力の有効活用に対する関心が高まってきており、日本からの優れた技術を用いた事業開発が期待されています。

■今回の来日
このほどMEMやラオス・天然資源環境省(以下、MONRE)、ラオス電力公社の関係団体が来日し、当社柏工場や当社納入施設を中心に各地の環境・グリーンエネルギー関連施設を視察しました。当社はMEMやMONREの環境・グリーンエネルギー事業に対する知見の醸成を図り、ラオス国内での環境・グリーンエネルギー関連事業の機会創出も推進していきます。 

新潟市・舞平清掃センターの視察

     

京都市・バイオエタノール製造プラントの視察

   JNL2660_pic1.jpg                JNL2660_pic2.jpg

■今後の取組み
当社は、本協定に基づき、ラオスのニーズに適応するグリーンエネルギー事業の検討を進めていきます。具体的には当社が有する技術的知見を活用しながら、下記の内容について検討し、ラオスの現実的なニーズに対し提案活動を推進していきます。
・水力発電由来の電力を用いたPower to Gas
・有機性廃棄物をエネルギーに転換するメタン発酵
・焼却発電による廃棄物処理
・農業生産物を活用したバイオ燃料製造       など

当社は、これまで培ってきた多岐に亘る技術や知見で以て、ラオスの環境・エネルギー分野の発展に貢献します。

■ラオス人民民主共和国 (出典:外務省ホームページ)
 1.面積 :24万平方キロメートル
 2.人口 :約649万人(2015年、ラオス統計局)
 3.首都 :ビエンチャン
 4.民族 :ラオ族(全人口の約半数以上)を含む計49民族
 5.言語 :ラオス語
 6.宗教 :仏教
 7.成立 :1975年12月

 

ニュースリリース