ページ内を移動するためのリンクです。


Loading

2016年08月04日

フラップゲート式陸閘が「国土技術開発賞 優秀賞」を受賞

Hitz日立造船株式会社は、このほど、当社において開発した津波・高潮等の自然そのものの力を最大限に利用した、浸水被害を防止するフラップゲート式陸閘(当社製品名:neo RiSe®)が、一般社団法人 国土技術研究センターの「第18回 国土技術開発賞 優秀賞」を国立研究開発法人 海上・港湾・航空技術研究所と共同で受賞し、石井 啓一国土交通大臣より表彰されました。

pic2632flap.jpg
【写真:授賞式にて。中央:石井啓一国土交通大臣。左:当社職員、右:港湾空港技術研究所職員】

国土技術開発賞は、一般財団法人国土技術研究センター(東京都港区、谷口 博昭 理事長)および一般財団法人沿岸技術研究センター(東京都千代田区、釡和明 評議員会長)が共催するもので、建設産業における広範な新技術を対象として、技術開発の効果、汎用性、新規性などの観点から特に優れるものを国土交通大臣が表彰するものです。当社の受賞は2014年の第16回において、鶴田ダム再開発事業(鶴田ダム上流仮締切設備工事)に適用された「浮体式仮締切工法」での最優秀賞受賞(鹿島建設株式会社と共同開発・共同受賞)以来、2年ぶりとなります。
今回の受賞は、これまでの「neo RiSe®」の開発から実用化に至るまでの実績が評価された結果であり、当社は、今回の表彰を本技術のより一層の普及に繋げ、持続可能な防災・減災社会の構築に貢献していきたいと考えています。

【neo RiSe®の特長】
neo RiSe®は、「No energy, No operation, Rising seawall」を略した製品名であり、無動力かつ人為操作なしに開口部閉塞を可能とすることを最大の特長とする新しいタイプの津波・高潮防災設備です。
突発的な地震による津波に対応するには、極めて短時間のうちに水門ゲート操作を完了させる必要がありますが、neo RiSe®はその課題を克服しました。また、様々な状況に対応できるように、建物用に外観に配慮した「neo RiSe-A」があり、そのほかにも既存設備への増設作業が簡単に行うことができる「neo RiSe-L」 等を展開しています。

特長は次のとおりです。
(1)緊急時には人為操作なしでも自然の力を活用して自立閉塞することができ、確実な作動と安全確保を両立します。
(2)制御・動力装置の簡略化により、極めてシンプルな機器構成を実現し、信頼性・維持管理性の向上を実現しています。
(3)補助的に設置する手動起伏装置による津波・高潮襲来前の起立操作や動作点検も可能です。

neorise1.png


当社は、昨年度に国土交通省四国地方整備局向けに防潮堤の開口部に設置するneo RiSe®を納入し、またBCP対策として複数の民間企業のビルの入り口等にneo RiSe-Aも納めており、今後もこれらのフラップゲートシリーズを通じて、安心・安全で防災力の高い社会の形成に貢献していきます。

(終)

【neo RiSe®シリーズ】
neorise2.png

ニュースリリース