ページ内を移動するためのリンクです。


Loading

2016年07月15日

英国・バッキンガムシャー州のごみ焼却発電プラント建設工事の完工

Hitz日立造船株式会社の100%子会社でごみ焼却発電プラントの設計、建設、保守などの事業を展開するHitachi Zosen Inova AG(スイス、CEO:Franz-Josef Mengede、以下、HZI)は、このほど、スペインの大手建設会社Fomento de Construcciones y Contratas S.A.の英国子会社であるFCC Environment (UK) Ltd.が出資する特別目的会社FCC Buckinghamshire Ltd.(以下、FCC Bucks)向けごみ焼却発電プラント(ストーカ式焼却炉:900t/日×1炉、発電出力:27,700kW)建設工事を完工しました。

pic2630_hp.jpg
バッキンガムシャー州のごみ焼却発電プラント

FCC BucksはBuckinghamshire County Councilよりロンドンの北西110kmにあるバッキンガムシャー州キャルバート周辺のごみ焼却発電事業を請け負います。HZIはFCC Bucksからフルターンキーにより土建工事を含むごみ焼却発電プラント建設を請け負いました。
本プラントは、ごみを衛生的に焼却処分するとともに27,700kWの発電出力を備え、約36,000世帯に電力を供給することが可能です。また、本プラントの建設は地元の雇用創出にも寄与し、バッキンガムシャー州の地域経済の活性化に貢献しました。

欧州では都市ごみを焼却処分ではなく、埋立て処理している国も多く、英国やポーランドなど、埋立て処理比率の高い国ではごみ焼却発電プラントの需要が高まっています。
当社グループは、HZIをはじめとするグループ全体でシナジーを強化し、ごみ焼却発電事業における世界No.1を目指します。

なお、本プラントの概要は以下のとおりです。
1.最終需要家:Buckinghamshire County Council(バッキンガムシャー州議会)
2.発 注 者:FCC Buckinghamshire Ltd.
3.施設規模:ストーカ式焼却炉900t/日×1炉、発電出力27,700kW
4.所 在 地:バッキンガムシャー州キャルバート

ニュースリリース