ページ内を移動するためのリンクです。


多言語サイト
サイト内検索
Loading

2013年10月02日

ミャンマー現地法人の設立および営業開始について

 Hitz日立造船株式会社は、ミャンマーにおいて現地法人Hitachi Zosen Myanmar Co., Ltd.(ヤンゴン市、社長:大賀 一宣、以下、HZM社)を設立し、このほど、営業を開始しました。 

 ミャンマーは、民主化改革や経済改革、法整備が進み、世界各国からその成長性が注目され積極的な投資が行われており、経済発展に必要な道路や橋梁、港湾、空港、電力など数多くのインフラ整備計画が進められています。
 当社は、「グリーンエネルギー」および「社会インフラ整備と防災」を事業ドメインとしており、都市ごみ焼却発電施設やガスタービンなどの発電設備、橋梁、水門、シールド掘進機、海洋構造物、GPS測位など、インフラ整備・発展に必要な技術を数多く有していますが、HZM社を設立し、アジアのラストフロンティアとも呼ばれるミャンマーにおいて積極的に事業活動を開始します。

 当社は、2016(平成28)年度までの長期ビジョン「Hitz 2016 Vision」において、事業のグローバル化を重点施策に掲げており、今年度を最終年度とする中期経営計画「Hitz Vison」において、インドでは現地法人Hitachi Zosen India Private Limitedおよび同現地法人ハイデラバード支店、合弁会社であるISGEC Hitachi Zosen Ltdや日立造船均豪精密科技(蘇州)有限公司などの設立など、海外拠点の整備拡充を進めてきました。
 当社は、今回新たにHZM社を設立することにより事業のグローバル化を一層加速させるとともに、ミャンマーでの事業活動を通じて、当社の企業理念にあるとおり、技術と誠意で社会に役立つ価値を創造し、同国の豊かな未来に貢献していく所存です。

 なお、HZM社の概要は以下のとおりです。
1.会 社 名:Hitachi Zosen Myanmar Co., Ltd.
2.所 在 地:No.1704, 17th Floor, Sakura Tower, 339, Bogyoke, Aung San Road, Kyauktada Township,
                   Yangon, Union of Myanmar
3.連 絡 先:TEL:+95‐(1)‐255‐162、FAX:+95‐(1)‐255‐081
4.資 本 金:50,000US$
5.事業内容:都市ごみ焼却発電施設、発電設備、橋梁、水門、海洋構造物などのコンサルティングおよびサービス事業

ニュースリリース