ページ内を移動するためのリンクです。


Loading

2012年11月02日

浮体式洋上風力発電に関する技術提携について

  Hitz日立造船株式会社は、ノルウェー最大の国営エネルギー企業であるStatoil ASA(所在地:スタヴァンゲル市、以下、Statoil社)と、浮体式洋上風力発電に関する技術提携に合意し、本日、契約を締結しました。

 Statoil社は、世界有数の石油・天然ガス企業であり、40年以上にわたり海洋石油掘削事業に携わり、大型海洋構造物の設置および運用に関する技術力を蓄積しています。同社は海洋石油掘削事業を通じて蓄積された技術力をもとに、世界初の浮体式洋上風力発電プロジェクト「ハイウィンド」の建設に着手しており、ノルウェー南西部の北海沖(水深約200m)に既に1基の洋上風車(平成21年完成、2.3MW)を完成させ、多くの実験データを蓄積しています。

 当社は、世界初の旋回式浮体橋「夢舞大橋(平成12年完成)」やGPS波浪計など、浮体構造物の設計・施工に高いノウハウを有しており、洋上風力発電については、平成16年から浮体式洋上風力発電の開発に携わっております。本年には民間5社および日本気象協会と洋上風力発電の事業化に向けての研究会を発足させるなど、洋上風力発電事業の研究開発に積極的に取組んでおりますが、本技術提携によって洋上風力発電の研究開発を更に加速していく所存です。 

 121102.jpg

Statoil社 Kindem上級副社長と当社 澤田機械・インフラ本部長による
調印式の様子

ニュースリリース