ページ内を移動するためのリンクです。


Loading

  1. トップ
  2. 製品紹介
  3. 舶用ディーゼルエンジン・舶用SCRシステム

舶用ディーゼルエンジン・舶用SCRシステム

Hitz日立造船は、船舶用の大型ディーゼルエンジンの設計、製造、販売からアフターサービスまでを一貫した体制で行っています。1951年に、B&W型(現MAN Diesel&Turbo社)1号機を完成させて以来、累計生産3,000万馬力を超える豊富な製造経験を持っています。また、舶用電子制御ディーゼルエンジンにおいて、国内で唯一のMAN Diesel社とバルチラ社の両ライセンスを保有します。ISO9001の品質管理のもと、ダブルライセンスの技術的優位性を活かしながら、多様化する顧客のニーズや今後更に厳しくなる環境規制に対応すべく事業を展開しています。

主な製品

日立-MAN B&W ME型電子制御ディーゼルエンジン

当社は、MAN B&W型の電子制御エンジンであるME-C型エンジンを2003年に、ME-B型エンジンを2012年にそれぞれ国内で初めて完成させる等、さまざまなボア径のMEエンジンをお客様に供給しています。ME-C型電子制御エンジンは、従来のカム・カム軸を廃止し、燃料噴射や排気弁の動作を油圧を利用した電子制御で行うことにより、燃焼状態を従来より最適に制御することが可能です。

日立-Wärtsilä RT-flex型電子制御エンジン

2008年5月に、バルチラ型の電子制御ディーゼルエンジンである6RT-flex50-B型ディーゼルエンジンを完成させました。MAN B&W ME型電子制御ディーゼルエンジンと同様にカムを廃止し、燃料噴射、排気弁の動作を電子制御にて行っていますが、燃料系統に1000barに昇圧したコモンレールシステムを採用し、燃料噴射系統の簡略化をはかっている点がバルチラ RT-flex型の大きな特徴です。

舶用SCR(Selective Catalytic Reduction)システム

当社は、陸上のプラント用として実績のあった排気ガスからNOxを除去する脱硝技術を応用し、NOx3次規制をクリアする舶用ディーゼルエンジン向けSCRシステムを世界で初めて完成させました。本システムは、ターボチャージャーの前段階に設置する高温高圧のSCRシステムであり、余計なCO2を排出しない、コンパクト化が可能などの特長を有してます。

※NOx3次規制:IMO(International Maritime Organization:国際海事機関)が定める船舶航行時のNOx排出量削減に関する第3次規制で、2016年に第1次規制前から80%の削減を求めるもの。


SCRシステムを装備したエンジン

2011年に就航した舶用SCRシステム搭載船

アフターサービス

設計・製造によって培ってきた高い技術力と豊富な経験を活かし、最高のアフターサービスを行います。エンジンごとに異なる膨大なデータをコンピュータ管理し、最適な部品を供給します。また、技術情報ページで、最新の情報をお客様に提供します。

インターネットからのお問い合わせ
お問い合わせ

製品紹介