ページ内を移動するためのリンクです。


Loading

  1. トップ
  2. 世界最大の泥土圧シールド掘進機

  • 《2012年8月》中胴部の組み立て
  • 《2012年8月》3,700tフローチングクレーンでの据え付け
  • 《2012年12月》世界最大の泥土圧シールド掘進機工場完成

口径17.45メートル 世界最大の泥土圧シールド掘進機 米国シアトル市のハイウェイ地下トンネル建設を担う

日立造船堺工場では、世界最大径の17.45m泥土圧シールド掘進機が完成しました。3月にシアトルにむけて海上輸送を行います。このシールド掘進機は、米国シアトル市内の州道99号線(SR99)の高架橋老朽化に伴い地下道路とするための地下トンネル建設に活躍します。約16ヵ月をかけて、アラスカンウェイ南部から約2,800mの地下を掘削する予定です。

SR99トンネルプロジェクト

施  主
ワシントン州運輸局(WSDOT)
工 事 名
SR99 Tunnel Project
施  工
Seattle Tunnel Partners
Dragados USA, Inc.とTutor Perini CorporationによるJV
納  期
2013年夏
掘削開始
2013年夏

<トピックス>
2012年12月20日、世界最大のシールド掘進機に「Bertha」と命名

ワシントン州運輸局が世界最大のシールド掘進機の名前を募集しました。同州の小学生が応募した、「Bertha(バーサ)」という名前が採用されました。
12月20日、堺工場にてワシントン州運輸局のMs. Linea Lairdにより命名され、完成式典も行われました。


ワシントン州運輸局の幹部

完成後のSR99の地下トンネル(イメージ図)

高い安全性に配慮した、泥土圧シールド掘進機

シールド掘進機の掘削の様子(地中)

完成した世界最大のシールド掘進機(イメージ図)

  1. シアトルには様々な土質が存在するため、適応範囲が広い泥土圧を提案しました。掘削した土砂に薬剤を注入し、泥土圧にて地山の崩壊を防ぎ、安定した掘削を可能にします。
  2. ディスクカッターの点検と交換をカッターヘッド内から行える新装置を装備しています。補助工法を用いることなく、大気圧下で安全に作業が行えます。
  3. 世界でも例の少ない、市街地の建築物の下を掘削するため、地上への安全性を確保するための様々な装置を装備しています。
  4. シアトルへの輸送は、分割数を減らすために現地の重量制限900トンブロックに分割し、これにより現地での組み立て時間を短縮します。

堺工場での製作

鋼板の曲げ加工 駆動部の組み立て作業 屋内の組み立て作業
ドックでの据え付け スクリュー入り口部分 クレーンによる据え付け
スクリューを据え付け カッターヘッドの製作 最終据え付け、工場完成へ