ページ内を移動するためのリンクです。


Loading

2017年09月28日

カット野菜向け画像式異物選別装置を新発売~水分含んだ食品の異物選別が可能に~

日立造船株式会社は、このほど、カット野菜向け画像式異物選別装置を新発売します。

■開発の背景
昨今、単身世帯や共働き世帯の増加に伴い、一回に消費できる量で、時間をかけずに調理できる食品の需要が高まっています。特にカット野菜は小売店などでの販売需要は増加しておりますが、野菜の加工・供給者である多くの食品加工業者は、生産工程における大量のカット野菜に含まれる虫や糸くずなどの異物の選別を目視で行っているのが現状です。さらに食の安全・安心に対する消費者の意識は高く、とりわけ食品への異物混入には厳しい目を持っており、食品加工会社にはより一層の食品衛生管理が求められています。

■カット野菜向け異物選別装置の特長
本装置は、搬送技術や装置の洗浄性、高速で高精度な検知機能を向上させることで、カット野菜のように従来は難しいとされてきた水分を含んだ食品の異物選別の自動化を可能にしました。また、コンパクトな装置設計で既設ラインへの導入も可能です。現状の目視での選別作業が自動化されることにより、食品加工過程における少人化・省力化に寄与します。

1.    搬送技術の向上
コンベアベルトの改良によって、カット野菜を均一に並べ、コンベアに付着することなく搬送できます。
2.    洗浄性の向上
構造の改良によって、装置を丸洗いできます。カット野菜との接触する部分の部品の取り外しも容易になり、装置は隅々まで洗浄することができ、清潔に保つことができます。
3.    高速・高精度な異物検知
ラインセンサーカメラで上下両面から色彩検査を行います。カット野菜に含まれる異物を高速かつ高精度で検知し、エアガンによって的確に除去します。

<参考主仕様>

1.対象食品 カット野菜
2.処理量 角切りキャベツ1,000kg/h、角切りレタス800kg/h
   (*目安です。条件によって変わることがあります。)
3.検査幅 400mm
4.異物検知方式 画像式(ラインセンサーカメラによる上下両面からの色彩検査)
5.異物除去方式 エアガン式
6.外形寸法 長さ1,350mm × 奥行1,150mm × 高さ1,800mm
7.製作工場 向島工場

 

装置_hp.jpg
             カット野菜向け異物選別装置

 

 

     検出例_hp.jpg

                 異物検出例

■食品用異物選別テストの実施
当社向島工場では、画像式および機械式の異物選別デモ装置によるテストを随時受け付けております。
ご希望の材料でのテストを行い、最適な機種選定、仕様のご提案をさせていただきます。

1.テスト実施場所:当社向島工場(広島県尾道市向東町14755)
2.お問い合わせ先:機械事業本部 電子制御ビジネスユニット 電子制御営業部
                                 東京TEL:03-6404-0137
                                 大阪TEL:06-6551-9191

新着情報