ページ内を移動するためのリンクです。


Loading

2017年07月03日

画像認識技術を活用した路面のひび割れ検出システムの共同開発 ~ 社会インフラ分野での人工知能(AI)技術の活用 ~

阪神高速技術株式会社
株式会社ニチゾウテック
日立造船株式会社

阪神高速グループの阪神高速技術株式会社(本社:大阪市西区、代表取締役社長 西岡敬治)、株式会社ニチゾウテック(本社:大阪市大正区、取締役社長 新川隆伸)および日立造船株式会社(本社:大阪市住之江区、取締役会長兼社長 谷所敬)は、このたび、路面の撮影画像に対して画像認識技術を適用することで、舗装のひび割れを自動検出する「ひび割れ検出システム」を共同で開発しました。

■背景と課題
路面性状測定車「ドクターパト」に搭載されたラインスキャンカメラで撮影した画像から路面のひび割れやくぼみなどの損傷を検出し、路面性状の評価を行っています。 しかしながら、ひび割れの検出にあたっては、次の課題がありました。
 ①大量の画像を整理・処理するため、時間とコストがかかる。
 ②目視作業のため、判断結果に個人差が生じる。

■開発内容
撮影した大量の画像に対してAI技術の一種であるFCM識別器※1を適用し、路面の撮影画像から自動的にひび割れを検出するシステム「ひび割れ検出システム」を開発しました。これにより作業時間を1/5程度まで削減可能であることが確認され、2017年度から阪神高速において本格的な運用を開始いたします。

 

 

 

pic2701_dr.pato.jpg
ドクターパトによる撮影状況

■今後の方針
2017年度は人工知能の能力向上により舗装点検診断の更なる高度化を目指します。
①FCM識別器の学習を繰り返すことでひび割れ検出精度の向上を目指します。
②本システムにより検出したひび割れから、補修要否を自動で判断可能なシステム「路面損傷診断支援システム」を開発します。

 

 

 

pic2701_gazo.jpg
ひび割れ検出結果の例

   ※1  FCM識別器とは、クラスタリング手法の一つであるFuzzy-c-means法を応用したデータ分類技術であり、
           ファジィ理論のメンバーシップ関数の導入により人間の判断に近い分類結果を得ることが可能です。

【問合せ先】
阪神高速技術株式会社 技術部 技術開発課   06-6110-7200
株式会社ニチゾウテック 技術開発室            06-6555-7050
日立造船株式会社 広報グループ                  06-6569-0013

新着情報