ページ内を移動するためのリンクです。


Loading

2017年06月27日

電子線照射技術の滅菌・改質処理用途への展開

日立造船株式会社は、エミッタと呼ばれる電子線照射器の製作・販売を行っておりますが、このほどフィルムを滅菌・改質処理するための照射プロセスを開発し、本格展開します。


■電子線照射技術の概要

当社のエミッタは、これまで飲料用ペットボトルなどを滅菌するために容器内面を照射するノズル式(以下、ITBエミッタ)と容器外面を照射する広面積用(以下、OTBエミッタ)の2種類を展開してきました(特許第5774156号)。このほど、新たにエミッタを応用して医薬包装用途などに適用できるフィルム滅菌・改質処理の照射プロセスを開発し、本格的に展開していきます。また、照射プロセスにおいては、当社が従来から保有するプラスチック押出成形やロール to ロール成膜などにおけるフィルム搬送技術を応用し、OTBエミッタを組み込んだ連続照射装置の製品化にも取り組んでいきます。


■滅菌・改質処理用途向け照射プロセスの特徴

1.低出力かつ高効率
当社のエミッタは低出力のため、照射対象となる材料への熱などによるダメージや有害物質の発生が少ないという特長があります。また、紫外線、ガンマ線などと比較し、低出力にもかかわらず、エネルギー効率が高いため、省エネルギーで滅菌・改質処理が可能となります。


2.高速プロセス
電子線による処理は、紫外線処理や熱処理と異なり、処理速度が速いため、常温での滅菌・改質処理が可能です。

3.コンパクト
当社のエミッタは独自技術により、電子線照射器としては世界最小です。そのため、装置のコンパクト化が図れます。


4.低い環境負荷
化学薬品を使用しないことや消費電力も低いため、環境負荷を抑えることができます。
 


■今後の予定

2017年度:エミッタを搭載したフィルム照射のデモ装置を製作します。


equipment-1.jpg

デモ装置(イメージ)


2018年度:シート連続照射装置などの量産装置を本格的に市場投入する予定です。

equipment-2.jpg

 ロールtoロール方式フィルム照射装置(イメージ)


■照射テストについて

当社精密機械センターでは、照射テストを随時受け付けております。
ご希望の材料へ照射したサンプル・レポートをご提供し、装置化の検討、量産化へのご提案をさせていただきます。


1.施設名称:精密機械センター

2.場  所:当社築港工場敷地内(大阪市大正区船町2丁目2番11号)

3.保有設備:ITB/OTB用テスト装置

4.お問い合わせ先
機械事業本部 システム機械ビジネスユニット
食品・医薬機械設計部 電子線グループ
TEL    :06-6551-9113

center.jpg

精密機械センター

お問い合わせ.jpg
 

 

 

新着情報