ページ内を移動するためのリンクです。


Loading

2017年06月26日

秋田バイオガス発電所が竣工

日立造船株式会社のグループ会社でバイオマス発電事業を行う株式会社ナチュラルエナジージャパン(秋田県秋田市:代表取締役社長 芦名 洋亮、以下、NEJ)が秋田市内に建設した「秋田バイオガス発電所」がこのほど竣工しました。

本事業は、地域貢献を目的に、主に秋田市内の食品廃棄物を原料にメタン発酵させ発生したバイオガスにより発電を行うものです。これにより、食品循環資源の再生利用および天候や時間帯に左右されない安定的な地域電源を目指しています。現在多くが焼却処理されている事業系の食品廃棄物を収集し、メタン発酵させ発生したバイオガスで発電を行います。

同発電所では、秋田市内のホテル、飲食店、食品加工会社、学校および病院等から発生する事業系食品廃棄物を、高速でメタン発酵させる当社独自技術「生ごみの無希釈二相循環式メタン発酵システム(WTMシステム)」により、バイオガスを生成して発電を行い、再生可能エネルギーの固定価格買取制度による売電を行います。年間の発電量は約523 万kWhで標準世帯約1,600 戸分の年間電力消費量に相当し、年間のCO2削減量は2,544トンで標準世帯約500世帯分に相当します。

■事業の概要
1.    事業所名称:秋田バイオガス発電所
2.    事業所住所:秋田市向浜1丁目3番7号(工業専用地域)
3.    事業者  :株式会社ナチュラルエナジージャパン
4.    施設規模等:SRC地上2F、地下1F、延床面積約1,470㎡
5.    原料   :事業系食品廃棄物(処理能力1日あたり50トン)
6.    発電能力 :730kW(定格出力)
7.    発電量  :523万kWh/年
8.    総事業費 :約30億円
9.    事業開始 :2017年8月下旬(本稼働)

pic2700_methan.jpg
完成した秋田バイオガス発電所

■株式会社ナチュラルエナジージャパンについて
1.会社名 :株式会社ナチュラルエナジージャパン
2.所在地 :秋田県秋田市山王三丁目1-7 東カンビル4F 
      (2017年7月1日より:秋田市向浜1丁目3番7号へ移転)
3.代表者 :代表取締役社長 芦名 洋亮 (2017年6月26日就任)
4.設 立 :2008年2月
5.資本金 :4億6千万円
6.主要株主:日立造船(株)、(一社)グリーンファイナンス推進機構
7.事業内容:メタン発酵ガス化バイオマス発電事業

新着情報