ページ内を移動するためのリンクです。


Loading

2017年03月29日

ポーランド向け初となるごみ焼却発電プラント建設工事が完工

日立造船株式会社の100%子会社でごみ焼却発電プラント(以下、EfWプラント)の事業を展開するHitachi Zosen Inova AG(スイス、CEO:Franz-Josef Mengede、以下、HZI)は、このほど、ポーランドのごみ焼却発電事業者であるSUEZ Zielona Energia Sp.z.o.o.(以下、事業者)向けEfWプラント(約630トン/日=315トン/日×2炉、発電出力:15,000kW)の建設工事を完工しました。

本件は、ポズナニ市がごみ焼却発電プラントの建設と長期運営事業を事業者に委託し、HZIが2013年に事業者よりプラントターンキー工事を請負ったものです。HZIにとってポーランドで初めてのプラント納入となります。本プラントは、ポズナニ市と近隣地域から収集される廃棄物を処理し、15,000kWの電力供給と34,000kWの地域熱供給を行います。

<概要>
1.最終需要家:ポーランド ポズナニ市
2.発 注 者:SUEZ Zielona Energia Sp.z.o.o.
3.施設規模 :ストーカ式焼却炉(約630トン/日=315トン/日×2炉、発電出力:15,000kW)
4.所 在 地:ポーランド ポズナニ市
 

photo(Poznan).jpg

ポズナニ市のEfWプラント

 

新着情報