ページ内を移動するためのリンクです。


Loading

2015年02月23日

東部清掃施設組合向け汚泥再生処理センターが竣工

 Hitz日立造船株式会社は、このほど、沖縄県島尻郡与那原町の東部清掃施設組合(管理者:古堅 國雄与那原町長)向けに建設していた汚泥再生処理センター(処理能力107kL/日=し尿7 kL/日+浄化槽汚泥100 kL/日+農業集落排水施設脱水汚泥0.3 m3/日)が竣工し、引き渡しを行いました。

 本件は、同組合が運営するし尿処理場である西原処理場(30kl/日)が稼働後40年を迎え、施設の老朽化が進み、同組合が新しい汚泥再生処理センターを計画したものです。本センターでは、し尿、浄化槽汚泥等を脱水した後、ろ液を下水道に放流し、汚泥を助燃剤化します。
 助燃剤化システムは、当社1号機となるEZシステムを導入しており、汚泥を含水率70%以下にまで脱水することにより、脱水した汚泥を助燃剤として使用することが可能となります。本センターで作られた助燃剤は、同組合が運営する東部清掃施設組合清掃工場で使用され、化石燃料の使用量削減に貢献します。

 近年、し尿処理施設は、し尿を衛生的に処理するだけでなく、堆肥化・リン回収・助燃剤化などの資源化処理を行う汚泥再生処理センターとして整備が進められています。当社は、し尿処理施設および汚泥再生処理センターの納入では国内トップレベルとなる120件以上の実績があり、施設の設計から完成後の施設運営までに及ぶ高いノウハウにより、今後とも資源循環型社会に積極的に貢献していく所存です。

 なお、施設概要は次のとおりです。
1.発 注 者  : 東部清掃施設組合(管理者:古堅 國雄与那原町長)
2.施設名称 : 東部清掃施設組合汚泥再生処理センター
3.施設概要 : 固液分離・希釈方式汚泥再生処理センター
           処理能力 107kL/日( し尿7 kL/日+浄化槽汚泥100 kL/日+農業集落排水施設脱水汚泥0.3 m3/日)
4.所 在 地  : 沖縄県中頭郡西原町字小那覇964番地

PIC2519-tobu(HP).jpg
東部清掃施設組合汚泥再生処理センター

新着情報