ページ内を移動するためのリンクです。


Loading

2014年09月30日

田辺市ごみ焼却施設基幹的設備改良工事を受注

Hitz日立造船株式会社は、このほど、和歌山県田辺市(真砂 充敏市長)より田辺市ごみ焼却施設基幹的設備改良工事を受注し、同市議会において本事業契約の締結が承認されました。

 田辺市ごみ処理場は1996年3月に竣工し、18年以上が経過していますが、本工事は各設備の老朽化が進む設備の延命化およびCO2排出量の削減を目的としており、燃焼装置の改良による低空気比燃焼、各種機器類の高効率モーターの採用やインバータ化により省電力化をはかります。また、本施設は現在、毎日焼却炉の立ち上げ下げを行い、1日あたり16時間の運転を行っていますが、本工事後は1日24時間の連続運転化が可能となり、焼却炉の立ち上げ下げ時に必要となる灯油の使用量を大幅に削減することが可能となります。本工事は、これらの改良を通じて、現在より3%以上のCO2排出量の削減を達成することで、環境省の循環型社会形成推進交付金事業(交付率1/3)として実施されます。

 近年、既存のごみ焼却プラントの老朽化対策として、基幹改良・延命化工事の需要が増加しております。当社は、プラントの建設、運営、AOM(After-sales service、Operation、Maintenance)の事業で豊富な経験を通じ、環境事業のトップメーカーとして自治体に適したソリューションを提供することにより住民サービスの向上に貢献していく所存です。

なお、改造後の施設概要は次のとおりです。
1.発 注 者 : 和歌山県田辺市(真砂 充敏市長)
2.工事名称 : 田辺市ごみ焼却施設基幹的設備改良工事
3.施設名称 : 田辺市ごみ処理場
4.設備概要 : ストーカ式焼却炉 (150t/日=75t/日×2炉)、水噴射式
5.所 在 地 : 和歌山県田辺市元町2291番地の6
6.納  期 : 2017年3月21日
7.受注金額 : 24億9,800万円(税抜)

新着情報