ページ内を移動するためのリンクです。


Loading

2014年09月24日

アイルランド向け初となるごみ焼却発電プラント建設工事を受注

 Hitz日立造船株式会社の100%子会社で、ごみ焼却発電プラントの設計、建設、保守などを手がけるHitachi Zosen Inova AG(スイス、CEO:Franz-Josef Mengede / 以下、HZI)は、このほど、アイルランド向け初となる、ごみ焼却発電プラント(ストーカ式焼却炉:1,680t=840t/日×2炉、発電出力:約68,800kW)建設工事をCovanta Europe Engineering Ltd.(以下、Covanta社)から初めて受注しました。

 本件は、アイルランドの首都であるダブリン市を中心とする4地方自治体と本件の特別目的事業体(SPV)であるDublin Waste to Energy Limitedが、PPP(Public Private Partnership)方式によるごみ処理およびごみ焼却発電プラントの建設・長期運営事業を計画したものであり、ごみ焼却発電プラントのEPC工事をCovanta社が請負い、HZIは、Covanta社より土建工事を除くプラント建設工事をターンキー契約で受注しました。
 EUは1999(平成11)年に「Landfill Directive(埋立て規制に関する指令)」が採択され、同指令では2016(平成28)年までに廃棄物の埋立て比率を1995(平成7)年比35%にすることが義務付けられていますが、アイルランドの2012年時点のごみの焼却処理比率は約16%(2014年3月のEurostat資料より)という状況であり、今後もごみ焼却発電プラントの需要が期待されます。
 また、海外ではごみ焼却発電プラントは「Energy - from - Waste Plant」として発電所の役割も担っており、本プラントも一般家庭約8万世帯分の年間電力消費量を賄うことが可能です。

  HZIは、欧米を中心にごみ焼却発電プラントを200カ所以上に納めた実績があり、2010年(平成22)末に当社グループの一員となってからも英国やポーランドなどのごみ焼却発電における欧州新興市場を中心に、本件を含め11件のプラントを受注するなど、欧州におけるごみ焼却発電プラントのトップクラスのメーカーとして活躍しています。また、当社グループのインド向け初受注となった案件においても、HZIが同国向けに開発した火格子が採用されるなど、当社とのシナジー効果も発揮されています。
 当社は、今年度よりスタートした新中期経営計画「Hitz Vision Ⅱ」において、HZIなどの海外拠点とのシナジーや連携を一層強化し、今後とも環境事業での世界No.1を目指していく所存です。

 なお、本件の概要は以下のとおりです。
1. 注 文 主:Covanta Europe Engineering Ltd.
2. 最終需要家:Dublin City Council、Fingal County Council、Dun Laoghaire-Rathdown County Council、South Dublin County Council
3. 建 設 地:Poolbeg Dublin, Ireland
4. 施 設 規模:ストーカ式焼却炉:1,680t=840t/日×2炉、発電出力:約68,800kW
5. 納 期:2017(平成29)年8月

新着情報