ページ内を移動するためのリンクです。


Loading

2014年06月23日

新潟県上越市新クリーンセンター(仮称)整備工事および長期運営事業を受注

 Hitz日立造船株式会社は、このほど、新潟県上越市(村山秀幸市長)より、上越市廃棄物処理施設整備及び運営事業(ストーカ式焼却炉:170t /日)を受注しました。

 本事業は、新潟県上越市が、所有する第1クリーンセンター(ストーカ式焼却炉、供用開始:1988年12月)および第2クリーンセンター(ストーカ式焼却炉、供用開始:1995年4月)の老朽化に伴い、新たに上越市新クリーンセンター(仮称)の建設を計画したもので、①安心、安全で安定した施設、②環境保全に限りなく配慮した施設、③エネルギーと資源の回収に優れた施設、④周辺環境に調和した施設、⑤経済性に優れた施設、の5点を事業の基本方針としています。
 新施設は、一般廃棄物等を安定的かつ経済的に焼却処理するとともに、焼却排熱の熱エネルギーを利用した発電による循環型社会を構築する処理システムの中核を担う施設となり、当社グループがDBO方式で施設の設計、建設および引き渡し後20年6カ月間の運営業務を一括で請け負います。
 本件は、非価格要素審査および価格審査の総合評価方式により受注したもので、高カロリーごみに対する実績、高効率な発電技術および災害対策等、当社の提案内容、実績、技術が総合的に高く評価されたものです。

 当社は、1965年に日本初の都市ごみ焼却発電施設を大阪市に納入して以来、世界トップクラスとなる国内外で400件以上のごみ焼却施設での納入実績を誇り、環境ソリューション事業においても国内で20カ所以上の運営事業を積極的に展開しています。当社はこれまで培ってきた豊富な経験を活かし、環境事業における世界No.1を目指していくとともに、地球温暖化対策や資源循環型社会の形成に貢献していく所存です。

なお、本件の概要は以下のとおりです。
 1.発 注 者:新潟県上越市(村山 秀幸市長)
 2.事 業 名:上越市廃棄物処理施設整備及び運営事業
 3.事業方式 :DBO方式
 4.事業期間 :設計・建設業務(仮設撤去含む)2014年6月~2017年10月
          運営・維持管理業務  2017年10月~2038年3月(20年6カ月間)
 5.施設概要 :ストーカ式焼却炉(170t /日=85t /日×2炉)
 6.事業場所 :新潟県上越市大字東中島地内
 7.受注金額 :19,248,952,000円(税抜き)

新着情報