ページ内を移動するためのリンクです。


Loading


トップメッセージ

取締役会長兼社長
         谷所 敬

平素は格別のご高配を賜り厚くお礼申しあげます。
2017年度のスタートにあたり、一言ご挨拶申しあげます。
当社は、現在2016年度に売上高4,000億円、営業利益率5.7%を目標とする社会的存在感のある高収益企業の実現を目指した長期ビジョン「Hitz 2016 Vision」を推進してきましたが、今年度から新たに創業150周年を迎える2030年までの長期ビジョンおよび2017年度から2019年度までの中期経営計画をスタートさせていきます。

当社は、「環境・グリーンエネルギー」および「社会インフラ整備と防災」を事業ドメインとして、各事業を進めております。環境・グリーンエネルギー分野では、ごみ焼却発電、風力発電、太陽光発電などの技術をグローバルに提供しており、ごみ焼却発電では世界NO.1戦略を、アジア、欧州を中心に遂行しています。社会インフラ整備と防災分野では、安全・安心な社会の構築のため、世界の水不足問題を解決する海水淡水化プロジェクトへの取り組み、老朽化した社会インフラの補強やメンテナンス、そして津波被害などから人命を守るGPS海洋ブイ、フラップゲート式津波防波堤の各製品を提供しています。事業領域の拡大に伴い、海外の拠点整備、M&Aを加速化していきます。

当社グループは、「私達は、技術と誠意で社会に役立つ価値を創造し、豊かな未来に貢献します。」の企業理念のもと、技術力を強化し、グループ力を発揮して、社会的存在感のある高収益企業へ成長し、そのための変革に挑戦していきます。それにより、職員の働き甲斐、顧客満足、株主満足の向上を目指してまいりますので、今後とも一層のご支援を賜りますようお願い申しあげます。

株主・投資家の皆さまへ