ページ内を移動するためのリンクです。


Loading


コーポレート・ガバナンスとコンプライアンス

コーポレート・ガバナンス

当社では、企業の健全性、透明性、効率性を確保し、企業価値の増大を図るとともに、良き企業市民として社会と共生していくため、コーポレート・ガバナンスの充実は経営上の重要課題のひとつであると認識し、コーポレート・ガバナンスが有効に機能する体制づくりを進めております。

コンプライアンス体制

当社では、法令・企業倫理を遵守した経営を行い、企業の社会的責任を果たしていくため、コンプライアンス経営の徹底についても、経営上の最重要課題の一つとして積極的に取り組んでいます。
当社は、代表取締役を委員長とするコンプライアンス委員会を設置し、当委員会のもと、企業活動全般について、定期的に法令・企業倫理面からの実態調査、検証を行っています。また、当社グループの役職員全員が遵守すべき倫理行動指針として「Hitzグループ倫理行動憲章」を策定し、役職員全員に啓蒙・教育することで、コンプライアンス意識の向上、企業倫理遵守の徹底を図るとともに、社外の独立した窓口への相談・通報を可能とする内部通報制度を設置し、法令違反行為などを予防・早期発見し、迅速かつ効果的な対応を図る体制を整備しています。

Hitzグループ倫理行動憲章

1.法令、社会通念を守る
私たちは、国内外の法令や社会通念およびその精神、ならびに会社が定めた経営理念・行動指針・就業規則をはじめとする諸規程を遵守します。
2.安全な製品を提供する
私たちは、安全な製品を提供するため、事業活動のあらゆる分野において、最大限の努力をします。
3.情報は積極的に開示する
私たちは、株主はもとより、広く社会とコミュニケーションを行い、会社情報を積極的に開示する企業づくりに努めます。
4.環境保全に努める
私たちは、事業活動のあらゆる分野において、省資源、省エネルギー、リサイクル、リユースに努め、環境を大切にします。
5.社会と共生する
私たちは、「良き企業市民」として、国内外における文化や慣習を尊重し、国際社会・地域社会と共生して、それぞれの立場で、社会に貢献します。
6.公正、透明、自由な競争を行う
私たちは、独占禁止法をはじめ、取引に関する法令を遵守して、公正、透明、自由な競争による取引を行い、適正な利益を追求します。
7.反社会的勢力とは関係を持たない
私たちは、市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力とは関係を持ちません。
8.過度な接待・贈答授受はしない
私たちは、社会常識を超えるような過度な(金額面だけでなく、頻度も含めて)接待や贈答の授受をしません。
9.インサイダー取引の禁止
私たちは、会社や子会社・関連会社または取引先の情報で会社の株価に影響するような重要事実を知ったときは、重要事実が公表されるまでは、それらの会社の株式の売買等の取引をしません。
10.人間尊重を貫く
私たちは、基本的人権を尊重することはもちろん、快適な就業環境が害されることのないよう雇用管理上必要な配慮をして、いわれなき差別、セクシュアルハラスメント等の行為はしません。
11.公私の区別をわきまえる
私たちは、公私の区別をわきまえ、清廉かつ誠実に業務を遂行します。
12.機密を保持する
私たちは、会社が保有する個人情報を適切に保護するほか、全ての秘密事項を適正に管理し、その機密を保持するとともに、業務上知りえた秘密事項は、外部に漏らしません。

株主・投資家の皆さまへ