リアルタイム解析

ソフトウェア

(RTNet/DM)

地震・火山解析(RTNet/DM)

RTNet/DM
  (リアルタイム地殻変動監視ソフトウェア)

GPS観測網(ネットワーク)からのリアルタイムデータにより、複数基線(ネットワーク)の位置変動量を一括に解析するソフトウェアです。
1日数mmのスローイベントから1秒数cmの地震時の変動レベルまで解析することが可能です。
PPP解析モード、ネットワーク解析モードが用意されており、1周波/2周波ともに解析可能です。

GNSSデータの高精度リアルタイム解析ソフトウェアRTNetの紹介や各解析のサンプルデータを掲載します。
RTNetデモンストレーションサイト(外部サイト)
■ RTNet/DMの解析対象
地震・火山活動
橋、ダムなどの構造物監視
斜面崩壊、地盤沈下
■ 2011年東北地方太平洋沖地震の解析事例
2011年3月11日解析事例:時系列グラフ


2011年3月11日解析事例:地震波伝搬マップ
ページのトップへもどる
■ 2008年岩手・宮城内陸地震の解析事例
2008年6月14日解析事例
● 雄勝(断層西側)の解析結果
雄勝(断層西側)の解析結果
● 平泉(断層東側)の解析結果
平泉(断層東側)の解析結果
ページのトップへもどる
■ 関連文献
年/月 題目・論文名 著者名 会議・掲載誌名
2008/09 Deformation Monitoring with Single Frequency L1 Receivers Tetsuya Iwabuchi, James Johnson, Shaun Cummins, Christian Rocken, Yoshikatsu Iotake, Masayuki Kanzaki ION GNSS 2008
2005 GEONETにおける緊急解析の現状 矢萩智裕、湯通堂亨、小島秀基、畑中雄樹 国土地理院時報(2005,108集)
ページのトップへもどる